2019/04/06 17:17:13

6

エンタメ

12人以上を殺害した10代の暗殺者が逮捕される 少年法適応で刑事処罰が不可能かと思いきや……



【簡単に説明すると】
・12人以上を殺害した10代の暗殺者が逮捕
・住民票を見ると13歳で刑事処罰が不可能
・しかしよく調べてみると……

14歳の暗殺者

南米コロンビアにて10代の暗殺者が警察に検挙された。

「コロンビアの都市メデジンにて活動していた14歳のヒットマンが警察に逮捕された」と現地メディアが報じた。

名前が公表されていない10代の暗殺者は3月28日にメデジンサンタルチア駅にて最後の犯行を行った。

とある人物から依頼を受けた少年は店に入って43歳の商人と20歳の店員を銃で殺害し逃走。無差別銃撃の際に関係無い人も怪我を負ったが奇跡的に命をとりとめた。

警察は通報を受けて出動し現場付近を抜け出せなかった少年を逮捕。

少年は調査で容疑を全て認め、堂々と住民票を差し出した。住民票に書かれた彼の誕生日を見ると13歳と書かれており、少年法に守られており刑事処罰が不可能だった。しかしこの住民票は実は弟の住民票で、実際はこの少年は14歳だったことが判明。

そのため少年は通常の刑事処罰ではなく、青少年処罰法を適用することができる年齢であった。

更に調査の過程で衝撃的な事実が明らかになった。警察によると、彼はメデジンで発生した10件の殺人事件の容疑者であった。14歳の時に12人を殺害した殺人鬼だったというのだ。

しかし、これも「最低12人」という疑いでこれ以上殺している可能性もある。警察は「わずか14歳の少年が銃で人を殺してまわったという事実が信じられない」とし「少年犯罪が最近めっきり増え心配だ」と述べた。

実際にコロンビアは、未成年犯罪の増加に頭を痛めている。現地検察によると、今年に入ってから殺人など凶悪犯罪で警察に逮捕された未成年者は600人に達している。

ソース



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"キリン『淡麗グリーンラベル』がリニューアル 新CMには多部未華子出演
アラスカにある標高6190mのデナリの雪が溶け出し66トンの人糞が問題に

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「12人以上を殺害した10代の暗殺者が逮捕される 少年法適応で刑事処罰が不可能かと思いきや……」への6件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    10人以上の人権を営利目的で奪っているのだから生きる価値なし
    更生?必要ありません

  2. 匿名 より:

    コロンビアの首都はボゴタですよ。メデジンは首都じゃない。記事内容がめちゃくちゃ。フェイクニュースですか?

  3. 匿名 より:

    首都とは書かれてなくね?

  4. 匿名 より:

    2時間の間に記事を修正した可能性が?

  5. 匿名 より:

    適応…笑

  6. 匿名 より:

    「コロンビアの首都メデジン」表記は指摘があってから、2時間の間に告知無しで修正したようですね。他の掲示板やまとめサイト等で転載された文章を見ると「首都」表記で残っています。誤った情報を直す事は大切ですが、告知も無しに人知れず記事を訂正する事は、あたかも自分達に最初から間違いがなかったかのように装っているようで、さらなる誤解を発生させます。適当な仕事しか出来ない編集部という印象です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"キリン『淡麗グリーンラベル』がリニューアル 新CMには多部未華子出演
アラスカにある標高6190mのデナリの雪が溶け出し66トンの人糞が問題に