2019/11/15 17:18:55

1

エンタメ

家にあったティーポット オークションに出してみたら1億4500万円で落札される





家にあったごく普通の中国製ティーポットが高額落札されたという。

高さ13センチのこのティーポットは薄い緑色で、清6代皇帝である乾隆帝(1735~1795)が制作したものと見られる。
オークションに出されると身元不明のティーポットはアジアの美術品の専門家である李霊骨董品の鑑定人がティーポットの実際の価値を判別した。

当初の専門家が予測した、ティーポットの落札予想価格は1000~2000ポンド(14万円~28万円)だった。しかし予想していた鑑定額よりもなんと1000倍を超える価値が付き、最終的に104万ポンド(1億4500万円)となった。このティーポットはオークション開始直後わずか10分で落札され、新しい所有者の身元は明らかにされていない。

元の所有者は「このティーポットは、専門家が家に来て偶然発見されたもの」とし「信じられないほどの落札価格となりとても嬉しい」と述べた。


記者のTwitterアカウント


コメントする(匿名可)



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"ミスタードーナツでポケモンコラボが発売開始 案の定行列!
韓国が豚コレラに感染した豚を殺処分 川が血で赤く染まりまるでホラー 中国「菌を繁殖させてる」

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「家にあったティーポット オークションに出してみたら1億4500万円で落札される」への1件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    100均で300円とかでありそう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"ミスタードーナツでポケモンコラボが発売開始 案の定行列!
韓国が豚コレラに感染した豚を殺処分 川が血で赤く染まりまるでホラー 中国「菌を繁殖させてる」