2020/11/10 16:26:51

0

エンタメ

【動画】「トランプ敗北でメラニア夫人と離婚の危機」という噂が? トランプに不利な証言や暴露本出版禁止契約


FANZA 在宅応援の10円セール開催中第2弾は22日~29日まで


メラニア・トランプ

大統領選前後からトランプに関する憶測は数多くあったが、トランプが敗北した途端にメラニア夫人と離婚の危機という情報が出回っている。

「側近が語った」「離婚申請中」という噂が飛び交っておりどこまで真実なのか不明だ。

イギリスの大手メディア、デイリーメールも報じており、メラニア夫人の元側近である補佐官ステファニー・ウォルコフの証言として「メラニアがトランプ大統領との間で生んだバロンのため、財産公正分配合意案を交渉している」と明らかにしているという。更に「2人はすでに別の寝室を使っており、彼らの関係は“契約結婚”にすぎない」と主張している。

また、別の元補佐官のオマーロ·マニーゴルト·ニューマン氏も「メラニアはトランプ大統領が任期を終えることだけを待っていた」として、2人の離婚の可能性が高いとみている。 同氏は「もしメラニアが在任中に離婚し、大統領に侮辱を与えたなら、トランプはメラニアを処罰する方法を探そうとしただろう」と付け加えた。

メラニア夫人は、2016年にトランプ大統領が大統領選挙で勝利した時、絶望感に陥り、涙を流したという。何故絶望し涙したのか?
メラニアの友人はニューヨーク・マガジンを通じて「メラニアはトランプが大統領選挙で勝つとは全く予想しなかった。夫の勝利で地獄のような生活に陥ることを願わなかった」と話している。

メラニア夫人は、トランプ大統領の就任後、息子のバロンとともにニューヨークに滞在し、5ヵ月後にホワイトハウスに合流した。 その理由をめぐって様々な推測の噂が広がったりもした。メラニア夫人は「息子バロンが通っていた学校を終えることが重要だった」と説明した。

しかしメラニア夫人は、その後も公の場でトランプ大統領の手を振り払い、カメラに向かって作り笑いするなど、不仲を暗示する姿を何度も見せてきた。一方、トランプ大統領は論争が起きるたびに「私と妻は絶対に争わない。われわれの夫婦関係は非常に良好だ」と反論した。

トランプ大統領の2番目の夫人であったマラ・メイプルズは、トランプ大統領と結婚契約を結んだとされる。トランプ大統領に関する本を出版したり、彼に不利な内容を盛り込んだいかなるインタビューもできないという内容だ。 一部ではメラニアもメイプルズと似たような契約に合意した可能性があると言われている。

手繋ぎ拒否は下記動画を閲覧してほしい。


コメントする(匿名可)




誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"中国全土で学校のトイレに生理用ナプキンを置く運動が拡散中
11月11日はうまい棒の日 うまい棒の日とピップエレキバンが謎の組み合わせコラボ うまい棒パッケージのエレキバン発売決定

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"中国全土で学校のトイレに生理用ナプキンを置く運動が拡散中
11月11日はうまい棒の日 うまい棒の日とピップエレキバンが謎の組み合わせコラボ うまい棒パッケージのエレキバン発売決定