2020/12/10 16:48:38

0

エンタメ

2020年で最も多くのマスコミが死亡した国はメキシコ!



マスコミ

2020年の1年間、全世界で真実を報道するために努力して死亡したマスコミ関係者の数が42人に達するという調査結果が出た。

国際記者連盟の年次の集計によると、今年一年間取材などの業務を遂行し、殺害された報道人やマスコミ従事者の数は42人であり、業務関連で収監された者は235名と調査された。

またメキシコは最も多くのマスコミが死亡した国ということも分かった。メキシコで今年一年に死亡したマスコミ関係者は13人であり、5人がパキスタン、3人がアフガニスタンやインド、イラク、ナイジェリアなどが後を継いだ。

全世界で毎年取材中に死亡するメディア従事者の数は30年前の集計開始以来でほぼ同じ水準を維持しており、最近では若干の下落の傾向を見せた。この30年間、業務中に死亡したマスコミ関係者の数は2658人とされている。


プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"中国でコロナ確定者が出る → ネットで「人肉検索」され身元特定される騒ぎに 無関係の女性まで被害に
立花孝志「スクープ! 安倍元総理の8月の検査入院は検察の取り調べだった!」と動画投稿

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"中国でコロナ確定者が出る → ネットで「人肉検索」され身元特定される騒ぎに 無関係の女性まで被害に
立花孝志「スクープ! 安倍元総理の8月の検査入院は検察の取り調べだった!」と動画投稿
//valuecommerce //popin //popin amp