2020/12/12 22:54:04

0

エンタメ

テキーラ一気飲みチャレンジさせた光本勇介が声明文 「過去に何度もやったことあるが女性の希望だった」



光本勇介 テキーラ事件を説明

恵比寿のバーでテキーラを一気飲みさせたことにより、女性が亡くなるという事件が起きた。

このゲームを提案したのは光本勇介という人物で過去に『CASH』というアプリで有名になったことがある。そんな光本勇介が先ほどTwitterに声明文を公開しことの経緯を説明した。

要約すると11月27日深夜に数名で恵比寿にあるバーに行き、15分以内にテキーラのボトルを空ければ賞金を渡すというゲームを挑戦したいと女性が言ってきたという。その場が盛り上がったことから女性の申し出に了承したという。

ただどのような理由や原因で亡くなったのかは把握していないとしており、また今回のテキーラ一気飲みを「軽率な判断と行動」、「事態を招いたことは自覚しており、女性やそのご家族、ご親族、ご友人の皆様にとって取り返しのつかない結果を招いた」としている。

ただインターネット上で言われている「お酒を強要した」「一気の飲みをさせたのではないか」という指摘は否定。また一気飲みではなく自分で注いで自身のペースで飲んでいたと事実と異なると説明している。

また女性が未成年だったことに対しても事実と異なるとしている。

ただこの飲み方は「光本テキーラチャレンジ」として有名で過去に同様のことをさせられた、女性が大勢証言している。全ての女性が自ら志願してテキーラボトルを飲んだのだろうか?

そもそもお金を出す時点で半強要に近いような気もするが。


プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"牧場の牛にVRを付けたところ大草原と勘違いし効果抜群
中国製薬会社シノファームの新型コロナウィルスワクチン 神経を破壊する麻痺症状が発覚し臨床中断

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"牧場の牛にVRを付けたところ大草原と勘違いし効果抜群
中国製薬会社シノファームの新型コロナウィルスワクチン 神経を破壊する麻痺症状が発覚し臨床中断
//valuecommerce //popin //popin amp