2021/01/17 23:14:23

0

エンタメ

資産100兆円のサウジアラビア皇太子がオフィス公開



ムハンマド・ビン・サルマーン

財産が100兆円と推定されるムハンマド・ビン・サルマン、サウジアラビア皇太子(35)が自身のオフィスを公開した。超豪華オフィスなのかと思ったら意外にもそのオフィスは砂漠のど真ん中にテントが張れているだけだった。屋外にソファーが置かれ、そこで作業をする皇太子が確認出来る。

場所は北西部のルーラ砂漠に位置し世界文化遺産に登録された巨大な自然を背景に、屋外に豪華なカーペットとパラソル、ソファなどを配置した。ただ屋外にテントのオフィスといっても低コストというわけではない。
砂漠の熱い日差しを避けることができる黒テントの中には、様々な装飾品がインテリア効果を加えて、サルマン皇太子は赤いカーペットに置かれたテーブルの前に座ってモニターを眺めている姿が確認出来る。

サウジアラビアは原油安が時代に備え、石油依存度を下げるための大規模な経済改革プロジェクトである「ビジョン2030」を推進している。ビジョン2030の中核は、70~80%に達するサウジアラビア経済の石油依存度を減らし、経済体質を変えるものである。

サルマン皇太子の今回の写真公開は、人口が4万6000人に過ぎない砂漠地域であるアル・ルーラを促進する目的のために分析される。アル・ルーラ砂漠はサウジアラビア初のユネスコ世界遺産と自然の風景、歴史的遺産が存在する地域として知られている。

サウジアラビアは最近ビジョン2030の一環として、観光産業の拡大に加え、新都市「ネオム」(NEOM)プロジェクトと先端新都市は、「ザ・ライン」(The line)プロジェクトも公開した。

サルマン、サウジアラビア皇太子が公開した新都市「ザ・ライン」は、直線の長さ170㎞規模で、地上に自動車が走ることができる道路が存在しない代わりに、公園や住宅団地などでのみ造成される。

サービス施設、輸送施設は地下に建造され、地下にも車が走ることができる道はない。特に人工知能(AI)は、市内で最も重要な役割を引き受ける予定だ。AIは100%クリーンエネルギー操作およびこれを継続的に住民に提供する方法を学習していくようプログラミングされる。

「ザ・ライン」のインフラ製作費用は1000億~2000億ドル(約11兆~22兆円)が掛かると推定されている。

2000億ドルと言えばアマゾン創業者でCEOのジェフ・ベゾスが2020年に達成した資産に相当する。


ムハンマド・ビン・サルマーン

ムハンマド・ビン・サルマーン


プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"肛門に24センチのボトルを突き刺した男性 医師「なんで入れたの?」 男性「察してください」
中国政府 春節に帰省や旅行に行かなかった場合1100元や映画のチケットを支給

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"肛門に24センチのボトルを突き刺した男性 医師「なんで入れたの?」 男性「察してください」
中国政府 春節に帰省や旅行に行かなかった場合1100元や映画のチケットを支給
//valuecommerce //popin //popin amp