2021/02/01 16:34:30

0

エンタメ

【動画】北京で肛門検査された子供達 まともに歩けなくなる



肛門検査

中国北京に入国する際に、コロナ検査のため肛門検査を強要されたという苦情が相次いでいる。

今月初めに北京に入国した人物が空港に到着後、指定のホテルに隔離されたあと強制的に肛門検査の実施の通知を受けたという。その後、肛門検査専門要員が現れ「みんなズボンとパンツをおろすように」と指示。

もちろん若い女性や子供も例外ではなく、みんな一緒にズボンとパンツをおろさなくてはいけなかった。
その後検査要員がひとりひとり肛門を器具を入れるなどして検査していくという。検査が終わるまでズボンとパンツをあげることは出来ない。
当然ならがズボンとパンツを脱いでいるので、肛門だけでなく大事な部分も見られてしまうという恥ずかしさもあるだろう。

さらに驚いたのは、同じホテルで隔離中だった中国人は肛門検査の通知にも特に反応がなかったという点だ。幸い、この人物はは中国駐在韓国大使館に助けを要請して、肛門検査ではなく便の提出検査により肛門検査を免れたという。

そんな肛門検査を受けた子供達が、まともに歩けなくなっている映像が公開された。検査後の子供達が、違和感があるのかペンギンみたいな歩き方になっており、みんな股を開いて歩いて居る。

検査内容は専門の器具ではなく綿棒で肛門の相当奥まで突っ込むらしく、その痛みと違和感が残っているためこのような歩き方になっているようだ。

この肛門検査には多くの苦情が出ており、ズボンやパンツ全てを脱ぐ必要がないはずなのに全てを脱ぐように指示されたり他の人と集団で検査させられ辱めにあったり、とある女性は股を広げられ肛門以外の部分も見られるなどの苦情を言っている。たた中国当局側は通常の検査よりもより正確に検査できるとしている。


ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"Rakuten Mobile 新料金発表後申し込み殺到! 契約したいなら今の内に申し込もう
【動画】売れ残って破棄予定のドーナツをホームレスに配った少年 その映像が拡散し解雇されるもネット上で議論になる

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"Rakuten Mobile 新料金発表後申し込み殺到! 契約したいなら今の内に申し込もう
【動画】売れ残って破棄予定のドーナツをホームレスに配った少年 その映像が拡散し解雇されるもネット上で議論になる
//valuecommerce //popin //popin amp