2021/07/02 19:25:48

0

エンタメ

中国共産党が100周年 主要17ヵ国中15ヵ国が中国を嫌っている事が発覚

ソースネクスト



17ヵ国の中国のイメージ

中国共産党が100周年を迎えた中、国際世論調査会社であるアメリカのピュー研究センターが中国に関するデータを公開した。

その結果、17ヵ国中、15ヵ国が中国に対して否定的だとみており、中国を最も嫌っているのは日本だという結果がでた。

調査結果では17ヵ国中、15ヵ国が中国を否定的に見ており50%が嫌っているという。

最も否定的だった国は日本が88%でトップ、その後にスウェーデンで80%、オーストラリア78%、韓国77%、アメリカ76%となった。
特にアメリカは前回の調査よりも否定的な数値が上昇している。

アメリカに次いではカナダ、オランダ、ドイツ、台湾、ベルギー、ニュージーランド、フランス、イギリス、スペインとなっている。このいずれも50%が中国を否定的だった。50%を超えていない国はギリシャとシンガポールだけだった。シンガポールは中国人が多数いるという見方がある。

同調査会社は71ヵ国の大人、1万8900人を対象にアンケートを採り6月30日に結果を発表した。

17ヵ国の中国のイメージデータ


ソース


プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"アース製薬が消臭芳香剤「スッキーリ!」発売 5周年を記念して家庭用サウナをプレゼント!
日本から遊べる安心ブックメーカーサイト比較!

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"アース製薬が消臭芳香剤「スッキーリ!」発売 5周年を記念して家庭用サウナをプレゼント!
日本から遊べる安心ブックメーカーサイト比較!
//valuecommerce //popin //popin amp