2021/07/23 10:27:51

0

エンタメ

中国 16歳未満のインターネット配信を禁止に 日本でもやるべき


中国 16歳未満のインターネット配信禁止


中国政府は16歳未満がインターネット配信をすることを全面禁止した。

中国当局は22日、インターネットの効果的な管理·監督のため、16歳未満の無分別なインターネット生放送出演を禁止するという内容の公告文をこのように公開した。

今回の法廷規制は、これまでオンラインを通じた扇情的な内容を盛り込んだ未成年者の生放送映像が全国的に送出されるなど、社会問題を解決するための方針だという分析だ。

実際に最近、未成年者にサディスティックな暴力を加える場面をそのまま放送して不法収益を得る業者が登場するなど、インターネットの生放送に対する基準と未成年者保護法案の必要性が要求された。

昨年8月、10代の青少年2人を誘い、生放送を撮影した一味が逮捕された。2人は当時14歳と15歳の男子生徒2人に近づき、「収益を分けてやるから」と誘った後、数回にわたって暴行映像を撮影した容疑がもたれている。

特に、彼らは10代の青少年に不当な内容の契約書を締結するよう強要し、これを根拠に法的責任を問うなどの脅迫を続けた。同グループは、10代の被害者らに対し、契約破棄の際に払わなければならない巨額の違約金などを根拠に、数回に渡り、「向かい合いの部屋」や「扇情的なインターネット生放送」への出演を強要したという。

彼らの脅迫のため、10代の被害者2人は扇情的な映像撮影の要求に応じざるを得なかったと、現地公安の捜査中に明らかにした。

管轄裁判所は青少年保護法違反などで処罰したが、10代の青少年を狙った不法映像撮影や扇情的な内容のインターネット生放送は絶えなかった。

一方、このような問題にもかかわらず、インターネット放送界は毎年大幅な成長を記録してきた。圧倒的な成長の勢いに比べ、制度的装置は現実に追いついていないという批判が続いてきた。特に、青少年利用不可等級の内容を盛り込んだインターネット放送に未成年者が出演しているという点で、これを制裁する法的手段が要求されてきた。

一部では未成年者との性関係を生中継するなどの放送も躊躇なく配信され、論議となった。

これまで一部のインターネット生放送では、いわゆる「友の部屋」と呼ばれる扇情的な内容の放送を流すなど、映像に出演した青少年の人権を深刻に毀損したと指摘されてきた。

さらに、このようなサディスティックな内容の映像に、誰もが年齢制限なく簡単にアクセスできることも問題だった。

このようなインターネット放送に対するずさんな規制によって発生した問題が相次ぎ、今回の16歳未満のインターネット生放送禁止規制政策が、従来の有害コンテンツの制作や流通禁止に目的を置いたという評価を受けている。

中国当局は、今回の規制を通じて違法な方法で未成年者を悪用し、不当収益を得た業者のアカウントを削除する方針だ。 また、万一の場合、違法行為を黙認したプラットフォームに対しては重い過怠金処分が下される見通しだ。

現在中国には200以上ものライブ配信プラットフォームがあり、人気配信者を優遇して引き抜きあったりより多くのギフト(投げ銭)が投げて貰えるシステムを構築している。
その投げ銭の数割は配信者と運営とで分配なので、配信者が多く更に多くのギフトが投げられれば運営が儲かる仕組みだ。

日本で運営されている『17Live』やゲームに特化した『ミルダム』、『Tiktok』など全て中国運営だ。




中国 16歳未満のインターネット配信禁止


ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"人気のオンラインカジノ・ジャックポットシティを今すぐプレイしよう
選手村のダンボールベッドに不満続出 崩れるのを恐れ床で寝る選手まで

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"人気のオンラインカジノ・ジャックポットシティを今すぐプレイしよう
選手村のダンボールベッドに不満続出 崩れるのを恐れ床で寝る選手まで
//valuecommerce //popin //popin amp