2015/07/08 23:37:14

5

エンタメ

8.6秒バズーカーの反日説に続きダウンタウンがロシアのスパイ説まで浮上!?

水曜日のダウンタウン


数か月前にネット上で噂となった8.6秒バズーカーの反日説。これに続きダウンタウンがロシアのスパイ説だというのが浮上している。8日の22時から放送された『水曜日のダウンタウン(TBS)』にその説が検証された。

当初矛先を向けられたのはダウンタウンの2人ではなく、松本人志さん1人。「松本人志はロシアのスパイ説」としてその数々の証拠を小籔さんが挙げていった。まず松本人志さんが作詞した『チキンライス』という曲名は反米を意味しているという。つまり「チキン=臆病者」「ライス=米国」だというのだ。また歌詞にある「赤坂おさえとけ」の部分は、アメリカ大使館がある、港区赤坂1丁目を指しておりそこを制圧するという意味だという意味、つまり「アメリカを制圧しろ!」となる。

また12月25日はクリスマスの曲と思われていたが、そうではなく旧ソ連が崩壊し、ロシア連邦が成立した日なのである。つまりロシアを称えた歌だという。出演者も「偶然こんなに揃うはずがない」と言うが松本人志さんは「偶然こいつ(小籔)が揃えたんじゃないですか!」と反論。

反米メッセージは『チキンライス』だけでなく『WOW WAR TONIGHT』にもある。途中で松本人志の声で入っている「BUSAIKU HAMADA(ブサイクハマダ)」という言葉だが、これを入れ替えると「USA DAIBAKUHA M(USA 大爆破 松本)」となるのだ。

歌だけで無く松本人志さんの映画作品『大日本人』にも存在し、なんと主人公が棒を持って居るシーンがロシアの「母なる祖国像」にそっくりなのである。

松本人志さんが過去に出したDVD『VISUALBUM』のジャケットも果物とその色になっている。1作目はリンゴ、2作目はバナナ、3作目はブドウ。実はこれロシアの果物輸入量1位~3位とピッタリ一致しているのだ。

ただ松本人志さんを操っている黒幕がいるという。それが浜田雅功さんで、その証拠が大阪万博ソ連館の写真である。実は大阪万博ソ連館を塗ったのは何を隠そう浜田雅功さんの父親。そのときにソ連と何らかの繋がりを持ったのでは無いかと言われている。

つまりダウンタウンの2人はロシアスパイコンビなのだ!!!

と、これは『水曜日のダウンタウン』がデマや都市伝説でこじつけが出来てしまうと言うもので、デタラメなので信じないように。つまり前出したラッスンゴレライのようにいくらでもこじつけが出来るということである。

大日本人と母なる祖国像

ゴゴ通信への広告についての問い合わせはこちら

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"ドイツの博物館で全裸パフォーマンスした女性 今度はパリのエッフェル塔前で全裸記念撮影で逮捕
『中国株バブルが来た!』というタイミングの悪い書籍が明日発売!

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「8.6秒バズーカーの反日説に続きダウンタウンがロシアのスパイ説まで浮上!?」への5件のフィードバック

  1. » 8.6秒バズーカーの反日説に続きダウンタウンがロシアのスパイ説まで浮上!? http://t.co/n83L1PNc2J

  2. » 8.6秒バズーカーの反日説に続きダウンタウンがロシアのスパイ説まで浮上!? http://t.co/2WvmAg0x4P
    これみたわ、でもただ適当にギャグやってすべってたようないめーじしかないよ。

  3. 匿名 より:

    8.6秒バズーカー反日説のガス抜きだわな

  4. @izumino より:

    番組内のネタでこういうことやってたそうな / “8.6秒バズーカーの反日説に続きダウンタウンがロシアのスパイ説まで浮上!? | ゴゴ通信” http://t.co/JYqWQJFuUy

  5. @clov_aar より:

    » 8.6秒バズーカーの反日説に続きダウンタウンがロシアのスパイ説まで浮上!? http://t.co/ArYAgFwgGp
    人間の想像力は良くも悪くも豊かなのである…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"ドイツの博物館で全裸パフォーマンスした女性 今度はパリのエッフェル塔前で全裸記念撮影で逮捕
『中国株バブルが来た!』というタイミングの悪い書籍が明日発売!