北朝鮮の独自スマートフォンが話題に 本体はGalaxyアイコンはiPhoneから丸パクり

tw fv ht gg pk


スポンサードリンク

【簡単に説明すると】
・北朝鮮独自のスマホを発表
・GalaxyやiPhoneにそっくり?
・値段は約8万円

Jindallae 3
スポンサードリンク

北朝鮮が独自の設計と開発により販売する『チンダルレ3』というスマートフォン。

北朝鮮では過去に『平壌』や『アリラン』という機種が発売されてきたが性能は何年も前のスマートフォン以下でかなりチープな物だった。しかしこの『チンダルレ3(Jindallae3)』はかなり力が入っているようで、見た目はGalaxyやiPhoneをかなり意識した物となっている。

北朝鮮の国外専用ウェブサイト『朝鮮の今日』にスマートフォンの開発に関して掲載した。

7月28日、アメリカの自由アジア放送(RFA)によると『チンダルレ3』は厚さ0.5cmで、内蔵アプリは電卓、写真閲覧カメラロール、カレンダー、メール、カメラなど。ただ過去に発売された『平壌』というスマートフォンはアプリを自由に入れることすら出来ない仕様であった。

ただネットが制御されている北朝鮮では北朝鮮の国民の欲求を十分に満たすことが厳しい。しかも通信回線が未だに3G回線のみということもあり『チンダルレ3』も3G回線にしか対応していない可能性がある。
そんなネットもまともに出来ない『チンダルレ3』は8万円ほどすると推定され、2013年に発売された『アリラン』の4万5000円、『平壌』の7万円よりも更に高くなる。

・アイコンがiOSに酷似

『チンダルレ3』の画像を見て貰ったら気付いた人もいると思うが、画面のアイコンがiOSの物に非常に似ている。音楽アプリやカレンダー、通話、SMSなどどれもがiOSを意識してデザインされたことがわかる。開発したのはMangyongdae Information Technologyという会社で、北朝鮮国内で開発、製造された完全なオリジナル製品だと主張。
金正恩がアップル製品好きということから、iPhoneに寄せて作らせた可能性もある。

北朝鮮の月収が300~1000円程度なので一般市民がこれを買うのは到底厳しいだろう。

※チンダルレはツツジの意味。

関連:北朝鮮でWi-Fiが入るスポットが大人気 まともに市民がネットできる場所
関連:北朝鮮の市民の間で人気のスマホその名も『平壌』 アプリの追加は不可能 起動時には朝鮮民謡が流れる

コメントする

スポンサードリンク

ソース








ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"からあげ店が「女の子の汗の味からあげ」を発売!
中国のゲームショウで「韓国」という名称が使う許可が出ず名称変更することに その他にも様々な嫌がらせ

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

匿名でコメントが可能です

"からあげ店が「女の子の汗の味からあげ」を発売!
中国のゲームショウで「韓国」という名称が使う許可が出ず名称変更することに その他にも様々な嫌がらせ