2018/02/05 00:47:42

0

政治・経済・社会

【平昌五輪】平昌市の店に「VISA使えます」のマーク → 実際には使えないトラブル続出

tw fv ht gg pk


スポンサードリンク

【簡単に説明すると】
・平昌五輪の開催地、平昌市で「VISA使えます」のマーク
・実際にはVISAが使えない店が多数
・誰かが勝手に店に付けていった?

VISAを歓迎します

スポンサードリンク


平昌五輪が開催される平昌市ではほとんどの店に特定のカード会社の広報旗が店前に掲げられている。

VISAが使えるという意味で掲げられており、「VISAを歓迎します」と五輪の公式マークが付いた青い旗が店前に分かりやすく掲げられている。

客から見たらこの旗がある店はVISAカードが使える店だと認識するのが当然。しかし多くの店はカード決済が出来ないと言う。

店の人は「我々の店はカード決済できません。(旗を)誰が付けていったのかすらもわからない」と答えた。

この店だけでなくほかの店も同じ状況で、VISAを使えるかどうかを確認せずに店に旗を付けていっているようだ。

中には店側が旗を取り外す場合もあるという。

この旗は平昌五輪の公式パートナーであるVISAがつけたという。VISA側は店と協議して付けた主張するが、多くの店は無断で付けられたとしている。

オリンピックが開催されるとVISAで決済できないトラブルが続出しそうだ。

コメントする

スポンサードリンク


VISAを歓迎します

ソース








ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"平昌五輪の警備会社の宿舎と選手村で集団食中毒 一時的に宿舎を隔離し対応
日清が「ヌードルブーケ」なるとんでもない商品を発売してしまう!

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

匿名でコメントが可能です

"平昌五輪の警備会社の宿舎と選手村で集団食中毒 一時的に宿舎を隔離し対応
日清が「ヌードルブーケ」なるとんでもない商品を発売してしまう!