佐野研二郎デザインの東京五輪エンブレムポスターが『ヤフオク!』で高額取引される

佐野研二郎の東京五輪エンブレム ヤフオク!に


先日使用中止が発表された佐野研二郎氏がデザインした東京五輪のエンブレム。使用中止が発表されたその日にはエンブレムのポスターは撤去されてしまい幻のポスターとなってしまった。

しかしネットオークションサイト『ヤフオク!』にて幻のエンブレムポスターが出品されているのだ。現在出品されているのは2つのオークションで、1つは3万9000円、もう1つは最低落札価格が5万円となっている。どこからどういう経路で入手したものか不明だが、おそらく学校などの公共施設に貼られていたポスターを『ヤフオク!』に出品したと思われる。

使用中止した途端にこうして価値が出てしまうと言う皮肉な出来事が起きてしまっている。

佐野研二郎の東京五輪エンブレム ヤフオク!に

佐野研二郎 幻の東京オリンピック・パラリンピックポスター
東京オリンピック・パラリンピックポスター(2枚セット)

広告についての問い合わせはこちら

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"『ヤフーメール』不具合で260万IDが10時間ほど送受信出来ず 258万のメールが消失
佐野研二郎が代理人を通じ「客観的な報道がされない場合は名誉棄損で法的措置をとる」と文書を送付

関連記事

もっとみる

新着記事

吉本興業 2014年にイベントで反社会勢力から間接的に金銭を受け取っていた事実を認める

2019/07/22 17:53:50

岡本社長のパワハラに関して 「僕は部屋に1人で居るので無い、『力があるぞ』は標準語なので違う」

2019/07/22 16:44:49

吉本興業岡本社長が号泣会見 宮迫博之・田村亮の処分を撤回 「テープ撮ってないだろな」は冗談だった

2019/07/22 14:38:34

加藤浩次「おぞましい、こんな会社! 松本さんに意見したくないけど変わらないなら辞める!」と激高

2019/07/22 09:09:21

フライデーの宮迫博之の「ギャラ飲み」記事はデマだった? 女性従業員が証言

2019/07/22 08:50:21

『アッコにおまかせ!』で記者の質問に対して謝罪 和田アキ子「ふざけるな、私は一睡も出来ませんでした」と謝罪

2019/07/21 12:26:30

ワイドナショー緊急生放送 松本人志「静観と聞いてこの会社に居れないと思った。さんまの事務所に行っても良い」

2019/07/21 10:38:41

明石家さんま「宮迫はフリーになったんやからうちの事務所にほしい」 ラジオで語る

2019/07/21 00:01:28

ビートたけし「芸人に謝らせた事務所はおかしいって 芸人に闇営業させるような状況もダメだよ」と吉本興業を批判

2019/07/20 23:11:33

宮迫博之と田村亮が謝罪会見 吉本「在京在阪テレビ局は吉本興業の株主だから大丈夫や」

2019/07/20 16:40:28

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「佐野研二郎デザインの東京五輪エンブレムポスターが『ヤフオク!』で高額取引される」への3件のフィードバック

  1. » 佐野研二郎デザインの東京五輪エンブレムポスターが『ヤフオク!』で高額取引される http://t.co/XkWcN89wl0

    まじか、100年後くらいの何でも鑑定団でプレミアが

  2. 【朗報】佐野研二郎デザインの東京五輪エンブレムポスターがヤフオクで高額取引されるwwwwwwwww http://t.co/mFTtFunPHJ つーか運営は何で削除しねーんだよ! m9(゚д゚)っ

  3. 匿名 より:

    →次は、こいつらも全員検挙すべし!

    浅葉克己・・・老害左翼
    真鍋大度・・・在日韓国人4世
    佐野研二郎・・・在日韓国人3世
    武田双雲・・・在日韓国人4世で創価芸術部(本名:キム・ソンフン)
    佐藤可士和・・・創価学会芸術部の幹部

    みんな、仲良くブサヨで創価韓国の人脈なんですよね~
    みんな、広告雑誌「ブレーン」の常連。
    芸能界だけではなく、広告業界も創価と韓国人によって支配されてます。

    サントリーだけの問題ではなく、彼らにロゴや広告のデザインを依頼した
    会社は、改めて調査し直した方が良い。

    東京オリンピックと日本のイメージを悪化させた彼らにペナルティーを
    課すべき。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"『ヤフーメール』不具合で260万IDが10時間ほど送受信出来ず 258万のメールが消失
佐野研二郎が代理人を通じ「客観的な報道がされない場合は名誉棄損で法的措置をとる」と文書を送付