2015/09/08 15:46:08

4

エンタメ

卓球台の色が暗い緑色から青色に変更した理由はタモリ?

卓球台の色が変わった理由はタモリ?


9月6日に放送された『この差って何ですか?(TBS)』にて驚きの卓球の秘密が明かされた。平成元年の卓球台は緑で平成27年の卓球台は青色になっている。この差はなんなのだろうか。クイズ計形式で出演者が答えるこの番組だが、最初に答えた博多大吉さんが「卓球って地味なイメージ、これを何とか改善しようと思い切って卓球台の色を変えた」と回答。実はこれほぼ正解なのである。

そこで誰がこれを言い出したのかというものだが、皆さんもご存じのタモリが言い出したというのだ。日本卓球株式会社の沼田一十三さんによると「タモリさんに卓球は根暗だと言われた事件がありまして、大きな切っ掛けとなりました」と語った。確かにタモリさんは番組でことごとく卓球のことを貶していた覚えがある。しかしそれが切っ掛けで卓球台の色が変更されたのだ。

『笑っていいとも!』のテレフォンショッキングのコーナーに織田哲朗が出演した際に織田哲朗が卓球をやっていると答えたところ、「卓球って根暗だよね」と発言。それが切っ掛けで卓球部に入部する人数が激減するという事件が起きたという。これにより台をの色が変更。変更されたのは平成4年でバルセロナオリンピックでは日本発祥の青い卓球台が採用されたという。

卓球のボールにも変更が?

そのほかにも卓球のボールは平成元年の物は直径38mmで現在の物は直径40mmに変更されているという。この理由はラリーの時間を長続きさせ、見ている客を楽しませようということから変更になったという。そのほかにも平成元年はセルロイド製のボールだが、現在はプラスチック製に変更されている。この差は自然発火するかどうかだという。セルロイド製のボールは高温の部屋に置いておくと自然発火して危険なのでプラスチック製に変更されたという。一方プラスチック製は溶けてしまう。

『この差って何ですか?』は2015年9月13日(日)の18時59分までTBSウェブサイトで無料視聴が可能。

『この差って何ですか?』ウェブサイト

広告についての問い合わせはこちら

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"【App】iPhoneで使いやすいランチャーアプリ『AirLaunch』が便利 もちろん無料
田舎で見かける「ハッピードリンクショップ」とは?

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「卓球台の色が暗い緑色から青色に変更した理由はタモリ?」への4件のフィードバック

  1. @etaaru より:

    » 卓球台の色が暗い緑色から青色に変更した理由はタモリ? http://t.co/UR7c0bk4Vx

  2. よし、麻雀卓はピンクにしよう。/卓球台の色が暗い緑色から青色に変更した理由はタモリ? | ゴゴ通信 http://t.co/WCnsld75b0

  3. “卓球台の色が暗い緑色から青色に変更した理由はタモリ? | ゴゴ通信” http://t.co/UIOIJPsrBi

  4. 匿名 より:

    さすが正確な記事ですね。福澤朗さんや一部ブログが、「タモリの発言がきっかけでカラーボールが導入された」と言っているけど、それは誤り。カラーボール自体は80年代の初めには既にあった。公式大会への導入が決まったのが88年のソウル五輪のとき。それはサラマンチ会長が見やすいように提案したのであって、開発自体はもっと前からされていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"【App】iPhoneで使いやすいランチャーアプリ『AirLaunch』が便利 もちろん無料
田舎で見かける「ハッピードリンクショップ」とは?