少年Aこと「酒鬼薔薇聖斗」の公式サイトが発見される 内容に賛否

少年A


18年前に起きた神戸連続児童殺傷事件の犯人である少年Aの公式サイトらしきものが発見されネット上で話題になっている。少年Aは当時「酒鬼薔薇聖斗」と名乗っておりその名前が世間で話題になった。しかしまもなく本名や顔もネット掲示板に公開されてしまいその是非も問われた。彼は今32歳で別の名前で生活をしており結婚もしているという。今年6月には『絶歌』という手記を太田出版より出版。これもまた問題となり出版停止を求める声が挙がった。

そんな少年Aの公式サイト『存在の耐えられない透明さ』が公開されアクセスが殺到している。ホームページは「ホーム」「ギャラリー」「レビュー」「メール」という4つのページから作られている。その中でも目を引くのがギャラリーに掲載されている画像の数々である。少年A自身の体であると思われる写真を映し公開しているのだ。顔の部分は隠しており見えないようにしている様が不気味である。またナメクジの集合や全裸の写真など常識で考えられない画像の数々。

ネット上では「異常性欲者」「更正は無理ってことね」「サイコを演じてるだけ」という意見が書かれている。しかし中には「これ本人なのか」「whoisしたら海外サーバーだぞ」という意見もあり本人か疑う人も多少居るようだ。

存在の耐えられない透明さ

  

広告についての問い合わせはこちら

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"フランク・ゲーリー展で佐野研二郎制作のグラフィックを撤回
大崎にハワイアンなお店『アロハテーブル』が11日にオープン 子連れも歓迎

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「少年Aこと「酒鬼薔薇聖斗」の公式サイトが発見される 内容に賛否」への1件のフィードバック

  1. 少年Aこと「酒鬼薔薇聖斗」の公式サイトが発見される http://t.co/aC4RXMaizM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"フランク・ゲーリー展で佐野研二郎制作のグラフィックを撤回
大崎にハワイアンなお店『アロハテーブル』が11日にオープン 子連れも歓迎