YouTubeに違法にアニメをアップロードし「この動画で得た収益を先日発生した熊本地震に寄付させていただきます」



アニメを違法アップロード

YouTubeに『暗殺教室』のイチシーンを違法アップロードしその再生数で得た収益を先日発生した熊本地震に寄付するという者が現れた。「アニメおもしろ」というYouTubeチャンネルで、動画そのものは違法にアップロードされたアニメで、映像は約15秒と非常に短い。

ただ5秒くらいにWindowsのスタートメニューが映り込んでいる。おそらくこれは映像で引っかかるのを防ぐためにわざとやっているのだと思われる。最近は違法にアップロードされた映像は、機械的に判別可能で、音声や映像は何かしらの加工をしないと即削除対象となってしまう。
最近多く見られるのが映像の大きさを変えてアップロードする方法である。

動画の説明文には「この動画で得た収益を先日発生した熊本地震に寄付させていただきます」としているが、違法で得られた収益で寄付されても嬉しくないだろう。そもそも本当に寄付するのか疑問である? 震災の名を騙った違法募金を彷彿とさせる。

現時点で映像は5万再生以上なので数千円は確定である。

ゴゴ通信の面白い記事をもっと読む



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"業務停止を受けた猫カフェ 時給100~300円の「ボラバイト」なる異常な求人を募集していた
嵐のコンサート開始 機械による顔認証の予定だったがスタッフの目視に変更

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"業務停止を受けた猫カフェ 時給100~300円の「ボラバイト」なる異常な求人を募集していた
嵐のコンサート開始 機械による顔認証の予定だったがスタッフの目視に変更