Onemix3Pro

2016/06/17 09:25:46

0

エンタメ

猫カフェが初の登録取り消し処分 該当店舗は「猫シェルター」と変えて営業中 時給100円のボラバイトも継続



猫シェルター

30平方メートルという狭い店内に62匹の猫を飼育し病気を蔓延させたとして、4月に1か月の業務停止処分を受けた猫カフェ『ねこのて』。東京都は6月16日、同店に対して動物愛護法に基づく登録取り消し処分とした。猫カフェへの登録取り消し処分は全国初という。

しかし、同店のウェブサイトを覗いてみると「猫と触れ合える 解放型シェルター!にリニューアルopenいたしました」と大きく書かれている。

猫カフェではなく、猫とふれあえるシェルターとして営業を続けている。また入場料は設けていないが、保護活動を継続するために「寄付金」という形で1人3000円からの寄付をお願いしている。

同店は以前、時給100~300円の「ボラバイト」なる求人を募集していた。確認したところ、現在もボラバイトの募集をしており、研修期間100時間、時給100円~300円と内容も変わっていないようだ。

関連:業務停止を受けた猫カフェ 時給100~300円の「ボラバイト」なる異常な求人を募集していた
ねこのて ウェブサイト

ボラバイト



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"泣き叫ぶ子どもを黙らせるために無理矢理に口を押さえて窒息寸前になる動画が炎上
産経「テレビのインタビューはピースボードスタッフに激似」と報道 女性は熊本で支援中と判明し記事を削除

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"泣き叫ぶ子どもを黙らせるために無理矢理に口を押さえて窒息寸前になる動画が炎上
産経「テレビのインタビューはピースボードスタッフに激似」と報道 女性は熊本で支援中と判明し記事を削除