アップルが“iOS 10”と“macOS Sierra”のパブリックベータを提供開始



iOS10

アップルが6月に発表した“iOS 10”と“macOS Sierra”のパブリックベーターの提供を開始した。パブリックベーターはApple Beta Software Programに登録することによりダウンロード可能。

まずダウンロードしたいOSを「macOS」「iOS」から選択。macOSを選んだ場合はMacでアクセスする必要がある。まだベータ版なので『Time Machine』などでバックアップを取っておくのをオススメする。

引き換えコードが表示され「コードを使う」という青いボタンが表示されるのでその後は指示に従いインストールしよう。

macOS

・iOS 10を導入

iOSの場合はiOSデバイス(iPhone、iPad)でアクセスする必要がある。こちらもiTunesで事前にバックアップを取っておくのをおすすめ。
プロファイルをダウンロードすると再起動をするように促され、再起動すると設定の「一般」「ソフトウェアアップデート」にて「iOS 10 Public Beta 1」と表示される。

「ダウンロードとインストール」を押すと利用規約が表示されるので、同意するを押すとダウンロードが開始する。
残念ながら“iOS 10 パブリックベータ”の内容は記事にすることは禁止されているので、これ以上のことは書けない。

興味のある人や開発者、少し早く“iOS 10”を触って見たい人は導入してみてはどうだろうか。

※『OS X』は『macOS』に名称が変更。

Apple Beta Software Program

iOS 10 のプロファイル

iOS 10 のインストール

iOS 10 のインストール



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"iPhoneが突如起動しなくなった! そんなとき復旧ソフトで対処 データ復元も可能
工事で古い神田駅が発掘される 帝都高速度交通営団ってなんだ?

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"iPhoneが突如起動しなくなった! そんなとき復旧ソフトで対処 データ復元も可能
工事で古い神田駅が発掘される 帝都高速度交通営団ってなんだ?