ウミガメの上に乗りサーフィンポーズで記念撮影したバカな男2人 157万円の罰金刑



【簡単に説明すると】
・男2人がウミガメの上に乗って記念撮影
・Facebookに投稿し大炎上
・罰金2万オーストラリアドル(157万円)

ウミガメの上に乗る

海岸に居たウミガメの上に乗りそれを記念撮影、更にそれをFacebookに投稿したオーストラリアの男性リッキー・ロジャースと彼の友達が罰金刑を言い渡された。

写真には亀の上に乗りサーフィンをするような姿勢を取ったあと、親指をあげポーズをとり記念撮影。更に投稿時にロジャースは「週末に亀の上に乗ってサーフィンするのは最高だぜ!」という文章も投稿。

しかし彼らが浮かれている時間はわずかだった。写真を見たネットユーザーは激怒し「虐待だ。ムカツク」「写真を拡散してくれ、この馬鹿が罰金を払うことになるだろう」という反応を見せた。

この事件は最終的に王立動物虐待防止協会(RSPCA)の耳にまで届き、スポークスマン、マイケルベティは「亀の背中に乗っては絶対ならない。(彼らは)完璧な馬鹿だ」と彼らの行動を非難した。

続いて「オーストラリア、クイーンズランド州野生動物管理所(QPWS)側では、この問題を深刻に受け止めており、ロジャースと彼の友達は2万オーストラリアドル(157万円)の罰金刑を受けると明らかにした。

記者のTwitterアカウント



コメントする(匿名可)

ソース:http://www.lasexta.com/noticias/sociedad/buscan-dos-hombres-que-fotografiaron-haciendo-surf-tortuga_20161102581a2ced0cf2d6cc9cc9e9fd.html



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"中国人観光客が去ったあとの空港ロビーがゴミ捨て場のように その写真が酷すぎる
癌で右目を失った男性 3Dプリンターで見事に目を復元する

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「ウミガメの上に乗りサーフィンポーズで記念撮影したバカな男2人 157万円の罰金刑」への2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    当たり前だよなぁ?

  2. 匿名 より:

    現代に浦島太郎が居ないのは罰金刑があるからなんだな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"中国人観光客が去ったあとの空港ロビーがゴミ捨て場のように その写真が酷すぎる
癌で右目を失った男性 3Dプリンターで見事に目を復元する