2016/11/19 15:30:12

0

エンタメ

韓国でも「中二病」が使われる時代に 韓国ドラマで使用される?



【簡単に説明すると】
・韓国で中二病という言葉が使われる?
・ドラマの中に「中二病」というセリフが
・『密会』というチェ・スンシル問題に非常に似た内容のドラマの2話

密会

中二病と言えば行動や発言が中学二年生っぽいという比喩で、思春期の子供にありがちと言う例えである。この言葉はネットで流行っているのももちろんだがとある芸能人が言い出したのが切っ掛け。その芸能人は伊集院光。1999年のラジオ番組の最中に「中二病」なる発言をしそれが瞬く間にネットでもスラングとして使われるようになった。

そんな中二病が韓国でも使われているという。現在のチェ・スンシル問題に類似していると話題の『密会』という韓国ドラマの2話に「中二病」と発言するシーンがある。韓国では「中二病」をチュンイビョン(またはチュンイピョン)と発音し意味は大体同じようだ。

2013年にJTBCで放送されたこのドラマはチェ・スンシル問題に数々類似する部分が存在。不正入学、娘の名前がチェ・スンシルの娘と同じチョン・ユラ、証拠のタブレットが見つかるなど。

物語の本筋は不正入学ではなく、ピアノの才能がある20歳の男性と40歳の女性(既婚者)の禁断の愛を描いた話。この『密会』は日本の小説の『東京タワー』が原作(リリーフランキーではなく江國香織の方)。その日本の小説に韓国風のドロドロとしたアレンジを付け、韓国でもヒットを記録した。

この『密会』というドラマはU-NEXTで観ることができるので興味のある方は是非ご覧になってほしい。原作日本で韓国のドロドロとしたアレンジも加わり引き込まれること間違い無し。3話まで観たが続きが気になって仕方ないのである。

U-NEXTは31日無料トライアル期間があるので、その間に全16話を観てしまうというのも手である。

U-NEXTのウェブサイト



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"ネットで知り合った彼氏があまりにもブサイクなため手首を切って自殺しようとした女性
朴槿恵大統領は精神年齢17~18歳の発達障害の可能性 生殖器だけ女性で役割を果たしていない

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"ネットで知り合った彼氏があまりにもブサイクなため手首を切って自殺しようとした女性
朴槿恵大統領は精神年齢17~18歳の発達障害の可能性 生殖器だけ女性で役割を果たしていない