2017/01/06 16:08:13

1

エンタメ

中国で女子中学生がドアに首を挟むというとんでもないいじめ 学校「加害者に処分は無し」



【簡単に説明すると】
・中国でドアに首を挟むというとんでもないいじめ
・挟まったのは13歳の女子学生
・救助隊に救出されるも加害者に処分は無し

首を挟むいじめ

中国雲南省地域の学校で13歳の女子学生がガラス扉の間に首が挟まるという事故が起きた。挟まった学生は息が出来ない状態で声も出すことが出来なかったが、誰も学生を助けようとはしなかった。

何故このような事故が起きたのか? 現地メディアの報道によると首が挟まった学生はクラスメイトからいじめにあっていたことが明らかになった。少女を苦しめて楽しんでいるクラスメイトは強引にドアの間に少女の頭を挟みそのまま放置。

挟まった少女は大声を出し助けを呼んだが、いじめを行っていたクラスメイトはその姿を見ながら笑っていた。最終的にはこれを目撃した先生が通報し救助隊員がドアを切断し救出された。

学生は、すぐに病院に搬送され幸いにも命に支障がないことが分かった。一方、加害者の生徒には処罰しないという立場を明らかにし、被害者の親は「学校暴力の対応が不十分」と親達が反発している。

中国ではよく隙間や物の間に人が挟まり救助されるニュースが話題になるが、今回はいじめによるもの。

記者のTwitterアカウント


コメントする(匿名可)


首を挟むいじめ

首を挟むいじめ

首を挟むいじめ

首を挟むいじめ

ソース



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"【映画レビュー】新年早々『ドントブリーズ』を観に行った感想 盲目老人宅に強盗し閉じ込められる
チェ・スンシルの娘デンマークで逮捕されるもやりたい放題 ゲームにテレビにピザの注文も

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「中国で女子中学生がドアに首を挟むというとんでもないいじめ 学校「加害者に処分は無し」」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"【映画レビュー】新年早々『ドントブリーズ』を観に行った感想 盲目老人宅に強盗し閉じ込められる
チェ・スンシルの娘デンマークで逮捕されるもやりたい放題 ゲームにテレビにピザの注文も