広島弁護士会のウェブサイトがハッキングされる! 「原爆ドーム爆破する」という内容も



【簡単に説明すると】
・広島弁護士会のウェブサイトがハッキングされる
・「原爆ドーム爆破する」という内容も
・そのほか動画やアダルト画像まで掲載

広島弁護士会のウェブサイト

5月21日、広島弁護士会のウェブサイトがハッキングされると事態が起きていた。

ウェブサイトを閲覧すると通常の広島弁護士会の案内テキストの代わりに、ココアお姉ちゃんという人物が「いらっしゃいませー!」と案内するテキストが書かれており、そこからココアと当職とのやりとりが書かれている。

それだけでなく、「原爆ドーム爆破する」という過激なハッキングもされており、実際にそのハッキングが原因で原爆ドーム周辺を警戒する騒動となっている。

そしてネットで人気の唐沢弁護士の写真を無断で使い「当ページはインターネットに詳しい唐澤貴洋率いる宗教法人“恒心教”の健全な保護下に置かれています」というめちゃくちゃなテキストまで書かれている。“恒心教”というのはネット上で作られた架空の宗教。

ほかにもYouTubeの無関係な動画が貼られていたり、アダルトな画像が掲載されたりとやりたい放題。何故この広島弁護士会が狙われたのかは不明である。

21日の深夜まで削除と改ざんを繰り返しており、22日現在は広島弁護士会のウェブサイトは閲覧出来ない状態。


広島弁護士会のウェブサイト

広島弁護士会のウェブサイト

広島弁護士会のウェブサイト


ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"韓国ソウルにできた3万足の靴で作られツリーがキモすぎと話題に 浮浪者のたまり場に
親に悪臭がするケージに14年間も監禁された少年が保護される 外の世界をほとんど知らず言葉すら話せない状態

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"韓国ソウルにできた3万足の靴で作られツリーがキモすぎと話題に 浮浪者のたまり場に
親に悪臭がするケージに14年間も監禁された少年が保護される 外の世界をほとんど知らず言葉すら話せない状態
//valuecommerce //popin //popin amp