2017/06/14 19:29:49

2

エンタメ

42メートルの高さからバンジー 従業員がフックをつけ忘れ全身打撲で全治10週間



【簡単に説明すると】
・42メートルの高さからバンジー
・フックをつけ忘れそのまま落下
・全身打撲で全治10週間

バンジージャンプで落下

昨年9月、韓国のバンジージャンプ施設で働いていたキム氏は29歳の客に対してフックを付けずに落下させたとして業務上過失致傷の疑いで起訴され、6月14日にキム氏に対して禁固6ヶ月、執行猶予2年を宣告された。

父が運営するバンジージャンプ施設は高さ42メートルで、客はその高さから落下。客は接続されているはずだったフックが無いためそのまま落下。幸いなことに下は水だったため、水深5メートルに落下し命だけは助かった。

しかし全身打撲で全治10週間の傷害を負った。当初は全治4週間と診断されていたが、全治10週間にもなったという。

客は「落ちるときゴムの反動が無くそのまま落下した。新しいバンジーかと思った」と供述した。

関連:韓国でバンジージャンプミス 従業員のミスによりそのまま落下 安全教育やリハーサルは皆無


バンジー

ソース



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"UPQ ドメインの有効期限が切れてアクセス出来なくなる
コンドームの使用と中絶すると死刑になる国 更に子供を強制的に4人出産しなくてはいけない少子化政策

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「42メートルの高さからバンジー 従業員がフックをつけ忘れ全身打撲で全治10週間」への2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    安定のクオリティ ありがとうございます

  2. 匿名 より:

    殺人未遂の国

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"UPQ ドメインの有効期限が切れてアクセス出来なくなる
コンドームの使用と中絶すると死刑になる国 更に子供を強制的に4人出産しなくてはいけない少子化政策