2017/07/01 11:52:28

0

エンタメ

韓国文在寅大統領亡命か? ホワイトハウスの署名に「大韓米国」と書く



【簡単に説明すると】
・韓国文在寅大統領が署名を間違える
・「大韓民国」と書くところを「大韓米国」と書く
・パッチムを書き忘れ「民国」が「美国(米国)」に

文在寅の署名

6月29日、韓国文在寅(ムン・ジェイン)大統領がドナルド・トランプ大統領との晩餐のためにホワイトハウスに立ち寄り、その際にゲストブックの署名が間違っていたことが発覚。

本来は「大韓民国」と書かなくてはいけないところを「大韓米国」と書いてしまったのだ。何故このようなことになってしまったのか? 「民」のハングルのパッチムが抜けていたために「美」となってしまった。韓国や中国ではアメリカのことを「美」や「美国」と表すため、「大韓美国」となってしまった(解説は画像参照)。

文在寅大統領が配慮したジョークなのか、ただの誤字なのか不明であるが、ここはネタを書いて良い場所ではないのでおそらく普通に間違えたのだと思われる。

このことは韓国メディアも指摘しており「韓米同盟を考慮した戦略的ミスでは」と書かれている。

昨日は文在寅夫人がレッドカーペットが踏めなかったことに対して韓国メディアの中央日報が指摘し、韓国ネットユーザーも激怒していた。

関連:韓国メディア 文在寅がホワイトハウスを訪問しレッドカーペットを踏めなかったことに激怒


解説

ソース



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"【動画】凄いマヌケな泥棒が防犯カメラに映り込む
【動画】DIYの達人が発明した人が乗れるドローン! 76枚のプロペラで120万円かけて制作

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"【動画】凄いマヌケな泥棒が防犯カメラに映り込む
【動画】DIYの達人が発明した人が乗れるドローン! 76枚のプロペラで120万円かけて制作