【動画】DIYの達人が発明した人が乗れるドローン! 76枚のプロペラで120万円かけて制作



【簡単に説明すると】
・実際に人が乗れるドローンを発明
・76枚のプロペラで人を持ち上げる
・制作費は約120万円

人が乗れるドローン

とあるオタク発明家が人を1人実際に乗せることが出来るドローンを制作し話題になっている。

YouTubeチャンネル「amazingdiyprojects(アメイジング・DIYのプロジェクト)」に投稿された映像を紹介したい。

映像では男性がドローンに搭乗し、男性が操作ボタンを押すと76個の羽根が騒音を立てて回転。ドローンはゆっくりと離陸し、実際に浮き始めた。地上から3メートルほどのの高さまで飛ぶことが可能で、実際に飛行も可能。

このドローンは匿名のスウェーデン出身の発明家により制作されたもので、ドローン飛行機は5つのリモコンと、80個の大容量バッテリー、76個のプロペラが使用されている。
制作コストは約120万円ほどだという。

記者のTwitterアカウント



コメントする(匿名可)


人が乗れるドローン

人が乗れるドローン

人が乗れるドローン



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"韓国文在寅大統領亡命か? ホワイトハウスの署名に「大韓米国」と書く
韓国人カップル 日本の宿泊施設で隠しカメラを発見

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"韓国文在寅大統領亡命か? ホワイトハウスの署名に「大韓米国」と書く
韓国人カップル 日本の宿泊施設で隠しカメラを発見