2017/07/10 20:42:44

2

女性・恋愛

数ヶ月も集団性的暴行され続けた19歳の少女 理不尽にも懲役30年を宣告される



【簡単に説明すると】
・エルサルバドル共和国の女性が性暴行され妊娠
・性暴行被害に遭いながらも子供を死産させたとして懲役30年を宣告
・エルサルバドル共和国では中絶は違法

妊娠

エルサルバドル共和国の19歳の少女が性的暴行されるという被害を受けた。実際に事件が起きたのは18歳だった昨年4月。

しかし被害者である少女は理不尽にも懲役30年を宣告されてしまった。理由としては当時少女は妊娠しており、組織的な性暴行により子供が死産してしまったという。

少女はその際に出血多量で意識を失い、母親は赤ちゃんをトイレに置いたまま少女を病院につれて行ったという。その後、病院の通報により警察が出動し中絶の疑いで少女は逮捕された。

問題は、報復を恐れた少女が性暴行の事実を通報しないまま時間が経過し、妊娠による出血と腹痛を暴行によるものだと誤認しており、妊娠そのものの事実を知らなかったということだ。

しかしこの事実を受け入れない検察は「少女は妊娠の事実を知っていたにも関わらず、望まない妊娠が理由で、出産後赤ちゃんをトイレに遺棄し死亡させた」と主張。

医学の専門家は赤ちゃんを解剖したが、胎児が妊婦のお腹で生まれる前に死亡したのか、出産後に死亡したのか明らかに出来なかったという。

エルサルバドル共和国では1988年に制定された法律により、中絶犯罪を犯した女性は最大懲役50年に処することができる。

少女の子供が出産前に死んでいたのか、出産後に死んだのか明らかになっていないにも関わらず懲役30年を宣告。

少女の弁護側は「彼女は自分の妊娠の事実を知らなかったし、犯罪も犯していない」として控訴するという。

エルサルバドル共和国以外にもパラグアイやポーランド、モロッコなどでも中絶が禁止されている。



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"まるでマネキンのような中国人美女が話題に! 「人形が動いているようだ」「化粧技術が凄い」と驚きの声
麻薬が入った熊のグミを食べた10代の子供ら幻覚症状 「知らない人に貰ったものを食べた」

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「数ヶ月も集団性的暴行され続けた19歳の少女 理不尽にも懲役30年を宣告される」への2件のフィードバック

  1. はつこぶた より:

    死産で30年って
    踏んだり蹴ったりやな・・・

  2. 匿名 より:

    国ごと焼き払っちまえよこんなクソみてえなとこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"まるでマネキンのような中国人美女が話題に! 「人形が動いているようだ」「化粧技術が凄い」と驚きの声
麻薬が入った熊のグミを食べた10代の子供ら幻覚症状 「知らない人に貰ったものを食べた」