『PCデポ』光回線の解約料が高すぎると話題に 解約手数料が21万円? 過去にも同様の事例が



【簡単に説明すると】
・PCデポで光回線の解約手数料が21万円
・消費者センターに相談し、PCデポの経理と話し合った結果4万円に
・過去にも似たような事例が多数

PCデポで違約金20万円

『PC DEPOT(以下、PCデポ)』で光回線を契約した人が解約しようとしたところ、高額な解約を請求され話題になっている。

PCデポで取り扱っているozzio光という光回線、それのさんねんMAXプランを契約した人が毎月2万円近い請求に耐えれなくなり途中で解約したいと申し出たところ、21万円の解約手数料が請求された。

その後、その客は消費者相談センターに電話。その消費者センターの担当がPCデポ坂戸店の店長と話し合うことになった。
店長の言い分としては「私の一存では値引きが判断できない」とのことで、経理部に電話をつなぎそこの担当の者と客が今度は直接電話する事になった。

結局経理側の提案は貸し出した機器を全て返却するなら違約金は4万3000円で、分割返済でも良いというもの。それで客は分割ならと承知したという。

最初の21万が高すぎるだけに4万3000円が安く思えてしまっているが、4万3000円という違約金も十分に高い。どこから算出した値段なのか詳細を教えて貰えないままであるという。

・『PCデポ』は過去にも騒動が

『PCデポ』は昨年も違約金の騒動があり、ネット上で話題となった。2016年8月に高額高級サポートを結ばせ、解約に10万円を請求していたことで問題となった。

その後も70代の男性が、PCデポの会員を解約した際に本来は解約料は無料と説明を受けていたのだが、請求書を見ると解約料6万7500円の解約料が請求されたという事態もあった。結局この男性は請求額は払わなくて良くなったが、そのまま気付かずにいたら請求されていたところであった。

解約手数料4万3000円に

請求内訳

ozzio光

領収書

解約

書類



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"ATOKが来年のバージョンから『ATOK Passport』に統一し自動で最新版に 最新の広辞苑も利用可能
ドワンゴ取締役「ニコニコは今後はユーザーに向き合う運営に改めていきます」

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「『PCデポ』光回線の解約料が高すぎると話題に 解約手数料が21万円? 過去にも同様の事例が」への4件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    解約時にはじめて解約金を知ったような、書き方ですが、申し込み時に契約内容や解約金を口頭だけではなくはっきりと書面で説明があった上で、ご自身の判断で契約しているのでは?ご自身にも多分に責任がありますよね?去年の判断能力があるかどうかわからないご年配の時とは違うような気がします。

  2. 匿名 より:

    経理部って何故か株をたくさんもらってる女秘書のいる社長秘書室?
    前の事件のときは経理部なんか出てこなかったような

  3. 匿名 より:

    経理部なんて経営判断に関係ない。
    組織どうなっとるんだ。だれか徹底的に払わず戦えよ。

  4. ごるきち より:

    PCデポは昔からある意味ブラック企業、年寄りをだまくらかして金を取る オレオレ詐欺に近い! こんな企業が平然と営業を続けさせてはいけないと思う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"ATOKが来年のバージョンから『ATOK Passport』に統一し自動で最新版に 最新の広辞苑も利用可能
ドワンゴ取締役「ニコニコは今後はユーザーに向き合う運営に改めていきます」