2017/12/14 14:05:13

0

エンタメ

ロボットがホームレスを追いかけサンフランシスコの街から追い出すと話題に ホームレスもソースで反撃!



【簡単に説明すると】
・ロボットがホームを追いかける
・サンフランシスコで騒動に
・ロボットの使用が禁止される

ロボット K9

駐車場や競技場、技術会社の社屋をパトロールする用途に開発されたセキュリティロボットが、アメリカのサンフランシスコではホームレスを街から追い出すために活用されていると話題になっている。

約1か月前から動物保護団体であり、ペットの養子縁組団体であるサンフランシスコSPCAがホームレスが道路を占拠して野宿できないようにセキュリティロボットK9を作動させていることがわかった。

スタートアップナイツコープ社が制作したK9は、犯罪対応ロボットとしてレーザー、カメラ、温度センサーとGPSなどの機器を使用して犯罪行為を検出し、これらを発見すると当局に通報する。

サンフランシスコSPCAの関係者は、「これまで野宿用テントのせいで従業員が道路を安全に使用することができなかった。セキュリティロボットのK9を配置後はホームレスが激減し、また車両事故も減った」と述べた。

しかしホームレスも黙っていなかった。知恵を絞り思いついた秘策、それはロボットにバーベキューソースをかけるなどの技でちょっとした騒動になった。

こうした騒動が続き、サンフランシスコ市当局は公共施設を使えないようにするのは違法としてSPCA側のロボットを片付けろと要求。もし許可無しにロボットがホームレス掃除をした場合は1日に1000ドルの罰金を払わないといけないと警告した。

一方、このロボットはナイツコープ社から1時間7ドルでレンタルしており、警備員を雇うよりも安い値段だということが発覚した。

ソース



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"「トランプ大統領にセクハラされた」という女性が16名が現れる トランプ「またフェイクだ」
ドアを開けると断崖絶壁の世界で最も怖い山荘 100年以上前に登山家により建てられる

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"「トランプ大統領にセクハラされた」という女性が16名が現れる トランプ「またフェイクだ」
ドアを開けると断崖絶壁の世界で最も怖い山荘 100年以上前に登山家により建てられる