ドアを開けると断崖絶壁の世界で最も怖い山荘 100年以上前に登山家により建てられる



【簡単に説明すると】
・世界一怖い山荘が話題に
・スイスのマッターホルンにある山荘
・100年以上前に作られた

世界一怖い山荘

山荘と言えば幽霊が出たり獣が出たりと不気味なイメージがついているが、世界一怖い山荘は別の意味で怖かった。その世界一怖い山荘はスイスのマッターホルンにある。

山荘の名前はソルベイ小屋(Solvay Hut)で幽霊や獣は出ないが、標高3960メートルの崖ギリギリに建てられている。

山荘のオーナーであるスイスのアルパインクラブはハイカーに休憩所を提供する目的で1915年に登山家アーネスト・ソルベイの名前を付けた山荘を作った。
ソルベイ氏は突然の嵐や雷などの自然災害が近づいた時、体を避ける山小屋が必ず必要だと感じて山協会の山小屋建築資金を寄付。

ソルベイ山荘には、最大10人ほどが入ることが可能で、1915年に工事開始から5日後にすべての作業を終えて完成したという。建築材料は、近くの山小屋から運んできたという。ソルベイ山荘は、安全のために、1966年新たに建て変えられ、1976年には、非常用電話が設置されました。そのため1世紀も経っていないような面持ちである。

水や食べ物が尽きた際の緊急事態に備えて建てられた小屋が、多くの登山客がこの特別な山荘に好奇心を抱いてわざわざ訪問するというのだ。登山で疲れた足を休んだり素晴らしい景色を見ながら写真を撮る最適な場所だからです。


世界一怖い山荘

世界一怖い山荘

世界一怖い山荘

世界一怖い山荘

世界一怖い山荘



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"ロボットがホームレスを追いかけサンフランシスコの街から追い出すと話題に ホームレスもソースで反撃!
中国を訪問中の韓国文在寅大統領 イベントを取材していた韓国記者が中国警備員に暴行を受け大騒動に 倒れた後も殴る蹴る

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「ドアを開けると断崖絶壁の世界で最も怖い山荘 100年以上前に登山家により建てられる」への1件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    落ちたら死ぬ:(´◦ω◦`):

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"ロボットがホームレスを追いかけサンフランシスコの街から追い出すと話題に ホームレスもソースで反撃!
中国を訪問中の韓国文在寅大統領 イベントを取材していた韓国記者が中国警備員に暴行を受け大騒動に 倒れた後も殴る蹴る