あのAnkerが高性能ドライブレコーダーをリリース! SONY製CMOSセンサー



【簡単に説明すると】
・Ankerが高性能ドライブレコーダーをリリース
・SONY製CMOSセンサー
・値段は9999円

Anker Roav DashCam C2

モバイルバッテリーで有名なAnkerが今度は同社発のドライブレコーダーをリリース。

製品名は『Anker Roav DashCam C2』で2017年12月20日よりアマゾンや家電量販店にて販売開始。

『Anker Roav DashCam C2』はNightHawkテクノロジーとワイドダイナミックレンジ(WDR)ビデオシステムにより、バランスの取れた映像や画像を撮影することが可能。また、SONY製CMOSイメージセンサーと高性能チップセットを搭載し、ドライブ中の映像をフルHD(1080p)の高精細で録画。

逆光補正に対応し、F2.0という明るいレンズで撮影可能。道路全体を捉える広い画角の5枚構成レンズ、そして3インチの液晶により4車線道路も捉えることが可能。

値段は9999円となっている。


Anker Roav DashCam C2



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"日給5万円のバイトが話題に! 中村俊輔の「フリーキックの壁」になるだけ シュート1本阻止につき500円プラス
台湾のゲームセンターのUFOキャッチャーの中にビキニ姿の本物の女性が!

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"日給5万円のバイトが話題に! 中村俊輔の「フリーキックの壁」になるだけ シュート1本阻止につき500円プラス
台湾のゲームセンターのUFOキャッチャーの中にビキニ姿の本物の女性が!