2018/02/02 18:51:06

4

エンタメ

人間とチンパンジーの交配により産まれた混種が過去に存在? 研究者から「非道徳的」だと批判され消される



【簡単に説明すると】
・過去にチンパンジーと人間の混種が存在した?
・メスチンパンジーに人間の精子を混ぜて妊娠
・非道徳的だと批判

オリバー

100年前にアメリカで行われた実験で、人間とチンパンジーの混種がうまれたが医師によって射殺されたと伝えられている。

心理学者ゴードンギャラップは、彼の元大学教授が1920年代にフロリダオレンジパークで行われた「ヒュマンジ(humanzee)」の実験に成功したという。

このヒュモンジとはメスチンパンジーに人間の精子を修正してチンパンジーを妊娠させ出産させたもの。しかしこの研究に対して多くの研究者は「非倫理的」「非道徳的」と訴え、子チンパンジーを殺した。

更に同年代である1920年代にロシアの科学者がメスチンパンジーに人間の精子を修正して妊娠させようとしたが妊娠することはなかった。

1958年になると人間に似たチンパンジーが現れ、これもチンパンジーと人間との混種ではないかと言われた。名前はオリバーで人間のように両足で立ちそばかすや鼻だちが人間らしい。

ただ1996年に行われたDNA鑑定の結果オリバーはチンパンジーと変わらない48の染色体を持っており、ただのチンパンジーだったことが判明。

心理学者ゴートンギャラップは、チンパンジーだけでなくゴリラやオラウータンとも人間との混種を作り出すことが可能としている。



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"犬の散歩中に2億年前のアンモナイトの化石を発見
TBSの公開捜索番組に出演した17年間軟禁された男性 29年前に行方不明になった少年と激似 DNA鑑定は見送りに

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「人間とチンパンジーの交配により産まれた混種が過去に存在? 研究者から「非道徳的」だと批判され消される」への4件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    なぜ心理学者がコメントしてんねん笑
    分野が違うような笑

  2. 匿名 より:

    なぜ心理学者が…

  3. 匿名 より:

    本質的に不可能だろ

  4. 匿名 より:

    遺伝子数が違うからチンパンジーって考え方は無い。形質で判断するべき。遺伝子の対の数は違っていても混血は可能。オリバー君は中間形で混血としての形態をまさしく特徴付けしている。

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"犬の散歩中に2億年前のアンモナイトの化石を発見
TBSの公開捜索番組に出演した17年間軟禁された男性 29年前に行方不明になった少年と激似 DNA鑑定は見送りに