彼女の前でヒーロになれる商売が話題に 依頼人の前に強盗役として登場し1発殴るごとに追加料金



【簡単に説明すると】
・彼女の前でヒーローになれる商売が話題に
・青年が強盗役として依頼人の前に登場
・1発殴るごとに追加料金

アルゼンチン 変わった商売

アルゼンチンで依頼人をヒーローとして演出してくれる商売がSNSを中心に話題になっている。バイクにまたがった青年「お金をくれたら英雄にしてあげよう」と広告を出し提案。

いわゆる、でっち上げの危険な状況を作り上げ彼女や、彼女になる前の好きな女性の前でカッコイイ状況を演出するというもの。
青年は「バイクに乗って強盗のように登場するから、家族や女性、彼女の前でヒーローのように犯罪者を倒してほしい」と語った。

青年が演出劇を提案し要求した基本料金は5000ペソ(約2万7000円)で、殴るたびに追加料金が発生し500ペソ(約2700円)となる。依頼人が要求すればバイクを倒して、より危険な状況を演出することも可能。しかし怪我の危険性があるため料金はさらにあがり、バイクの倒れる状況に応じて2000ペソ(約1万円)となる。

青年は「家族や彼女、女性の前でヒーローになって犯罪を防ぐことができるという教訓や社会を教えることができる良い機会になるはずだ」と述べた。
ただ問題なのはこの青年がアルゼンチンで話題になり顔がかなり知れ渡ってしまったことだ。

アルゼンチンでは最近バイクを利用したひったくりや強盗が多発している。

※ペソはアルゼンチンペソ(ARS)

ソース



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"ATMから5ドルを引き出そうとしたら不具合で20倍の100ドルが! 銀行が返金を求めるが「金を受け取ってない」と主張
『ウォーキング・デッド』シーズン8の後半9話が日本最速配信決定! 2月26日の22時から配信だ

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"ATMから5ドルを引き出そうとしたら不具合で20倍の100ドルが! 銀行が返金を求めるが「金を受け取ってない」と主張
『ウォーキング・デッド』シーズン8の後半9話が日本最速配信決定! 2月26日の22時から配信だ