2018/04/02 12:29:28

0

エンタメ

中国の宇宙ステーション『天宮1号』 9時16分にチリ西側の南太平洋に落下を確認



【簡単に説明すると】
・中国の宇宙ステーションが落下を確認
・チリ西の南太平洋に落下
・制御不能で日本にも落下の可能性があった

天宮1号

制御不能となっていた中国の宇宙ステーション『天宮1号』が4月2日に落下すると予想されていた。予想では、7時26分~15時26分の間に墜落するとみられていたが、予想通り、9時16分に落下が確認された。

落下場所はチリ西側のタヒチ島の南太平洋に全ての落下を確認後に警報を解除。

当初は日本も落下の可能性があるとされていたが、その確率は極めて低くほとんどが海に落下するものと予想されていた。その予想通りに全てが海に落下。

関連:中国の制御不能な宇宙ステーション『天宮1号』 2日の7時~15時に墜落で場所は未定

ソース



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"ビートたけし独立の真相を水道橋博士が明かす 森社長が会社を乗っ取った?
【動画】停止している車に正面からタックルするあたり屋動画が話題に ※日本

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"ビートたけし独立の真相を水道橋博士が明かす 森社長が会社を乗っ取った?
【動画】停止している車に正面からタックルするあたり屋動画が話題に ※日本