キヤノンが『EOS 5DS』や『EOS M3』など新製品を正式発表! 世界最高の5060万画素で49万円

『EOS 5DS』と『EOS 5DSR』
ゴゴ通信で噂として取り上げてきたキヤノンの一眼レフカメラ。海外のサイトでは既にスペックも流出しており、名称も『EOS 5D Mark4』ではなく『EOS 5DS』とされていた。そして本日正式にキヤノンから『EOS 5DS』、『EOS 5DSR』、『EOS 8000D』そして『EOS M3』を発表した。

発表された『EOS 5DS』と『EOS 5DSR』は5060万画素の世界最高画素となる。また噂にあったタイムラプス撮影機能も搭載。DIGIC6デュアルエンジンとなり、ISOはやや控えめの100~6400。

どちらもオープン価格となっているが実売価格は『EOS 5DS』が46万8000円、『EOS 5DSR』が49万8000円となる。
両機種の違いは『EOS 5DSR』はローパスフィルターキャンセルとなり解像度が向上。

発売は両機種とも6月となる。

またエントリー向けには『EOS Kiss X8i』そしてワンランクのモデルとして『EOS 8000D』が発表された。

関連記事

キヤノン一眼レフカメラ『EOS 5DS』と『EOS 5DS R』を発表か?

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"10代女子が旧1000円札を見て「にせもんかな?」と大騒ぎ! 今の若い子は旧1000円札知らないのか……
盗撮ビデオの処分を条件に告訴取り下げを要求した弁護士に懲戒請求 弁護士「示談決裂したので処分しない」

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"10代女子が旧1000円札を見て「にせもんかな?」と大騒ぎ! 今の若い子は旧1000円札知らないのか……
盗撮ビデオの処分を条件に告訴取り下げを要求した弁護士に懲戒請求 弁護士「示談決裂したので処分しない」