2018/04/24 10:27:28

2

エンタメ

高度4500メートルで乱気流にあった旅客機 突如として窓が外れ客がパニックに



【簡単に説明すると】
・高度4500メートルで突如として旅客機の窓が外れる
・乱気流に長いこと巻き込まれ、その衝撃で
・女性乗務員が冷静に窓を戻す

飛行機の窓が外れる

インドのパンジャーブ州アムリトサルを離陸したエアインディアのボーイング787ドリームライナーが高度1万5000フィート(約4572メートル)で乱気流に遭い、その衝撃で窓の内側のアクリルカバーが外れるというトラブルが起きた。

事件が起きたのは4月19日で、乱気流は15分間も続いていた。この乱気流の衝撃に耐えきれず、1つの窓が外れてしまった。丁度その窓に座っていた女性客が泣きパニックになるも、女性乗務員は冷静に窓をはめて戻す様子が動画に収められている。

この飛行機はインドのデリー行きで240人が搭乗していた。3人の乗客が軽傷を負ったものの病院に行くほどではなかった。

今回窓が外れた際の動画は多くの乗客がスマートフォンで撮影しており、YouTubeに動画がアップされている。その内の1つが下記の動画だ。

関連:旅客機のエンジンが爆発し窓が割れパニック その飛行機の中から生放送で実況した男性が話題に


飛行機の窓が外れる



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"【動画】40年間行方不明だった男性 YouTubeの動画で浮浪者として偶然発見され再開
旅客機のエンジンが爆発し窓が割れパニック その飛行機の中から生放送で実況した男性が話題に

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「高度4500メートルで乱気流にあった旅客機 突如として窓が外れ客がパニックに」への2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    みんな無事で良かったね
    優しそうなCAさんだ

  2. 匿名 より:

    昔は貨物室との気圧差で床が抜けたりした事故あったらしいな、
    今はその教訓で空気の通り道を作って有るらしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"【動画】40年間行方不明だった男性 YouTubeの動画で浮浪者として偶然発見され再開
旅客機のエンジンが爆発し窓が割れパニック その飛行機の中から生放送で実況した男性が話題に