ロシアのカラシニコフ社が『ロボコップ』の二足歩行ロボットのようなもの公開し話題に



【簡単に説明すると】
・ロシアのカラシニコフ社が二足歩行ロボットを公開
・ロシアの軍事イベントで発表
・残念ながら動かない

カラシニコフ「Igoryok」

AK-47自動小銃などで世界的に有名になったカラシニコフ社が軍事ロボットを開発していることがわかった。

ロシア、モスクワの軍事公演で21日に行われた第4回国際軍事技術フォーラムでカラシニコフ社はロボットのコンセプトを公開した。ロボットの高さは4メートル、重さは4.5トンで、来場者の注目を浴びていた。本イベントは26日まで開催されていた。

「Igoryok」と名付けられた二足歩行ロボットはまるで映画『ロボコップ』に登場したロボットにそっくりなのだ。

色は金色で塗装されており、2つの腕によって武器を持って使用することができる。コックピット部分のガラスは防弾ガラスになっている。

ただ今回公開されたロボットは初期段階であるため動作することは出来ない物だった。カラシニコフ社は実際に動くロボットは来年のフォーラムで公開すると明らかにした。

二足歩行ロボットと言えば日本国内ではランドウォーカーが有名で、榊原機械株式会社が開発したロボット。実際に搭乗して歩行することが可能。


カラシニコフ「Igoryok」

カラシニコフ「Igoryok」

ロボコップ 二足歩行ロボット



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"【動画】中国の悪質あたり屋 子どもを押し車にぶつけようとするも失敗 → 自分が車の前で飛び出てジタバタ
韓国研究チームがスマートフォンのバッテリーを1分で満充電にする技術を開発 早ければ数十秒で充電完了

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"【動画】中国の悪質あたり屋 子どもを押し車にぶつけようとするも失敗 → 自分が車の前で飛び出てジタバタ
韓国研究チームがスマートフォンのバッテリーを1分で満充電にする技術を開発 早ければ数十秒で充電完了