2019/02/24 06:53:37

2

エンタメ

中国人が離陸直前に硬貨を投げる風習が 硬貨がエンジンに入り離陸不可になり損害賠償230万円



【簡単に説明すると】
・中国人が離陸直前の飛行機に硬貨を投げる
・硬貨がエンジンに入り遅延が続出
・つい最近、硬貨を投げた28歳の中国人が損害賠償請求される

画像は2017年の事件のもの

中国では離陸直前に安全祈願に飛行機の翼に向けて硬貨を投げるという風習がある。このような風習のせいで飛行機の離陸が遅れるという事件が度々起きている。

投げ入れる人は中国の年輩の人が多く、投げ入れた硬貨がエンジンの中に入ってしまい、それを取り出すために離陸が遅延するという事件が起きた。今年の1月8日にも起きており、また2017年にも80歳のおばあさんがエンジンに硬貨を投げ入れ遅延するという事件が起きた。

つい最近28歳の中国人が航空機離陸直前に硬貨を翼に投げたところ、硬貨が中に入った可能性があるとして、離陸を中止。エンジンの中の点検で、乗客160名に迷惑を掛けることになった。河南航空はこの中国人に14万元(約230万円)を賠償請求。

※画像は2017年の事件のもの

関連:お年寄りが安全祈願で飛行機のエンジンにコイン投げ入れ5時間遅れる 「仏教徒だから投げ入れた」
関連:中国で離陸前に安全祈願で硬貨を投げる儀式 エンジンに硬貨が入り込み遅延


ソース



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"イギリスの飲食店の看板に裸の男性が 消防隊が行くと「いやん」と拒否 何があったのか?
SNSで何かを勧めるだけでお金が貰えるサービスの事前登録開始

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「中国人が離陸直前に硬貨を投げる風習が 硬貨がエンジンに入り離陸不可になり損害賠償230万円」への2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    飛行機の翼に硬貨を投げて高価な賠償を請求されたのだ(´・ω・`)

  2. 匿名 より:

    土人っすなぁ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"イギリスの飲食店の看板に裸の男性が 消防隊が行くと「いやん」と拒否 何があったのか?
SNSで何かを勧めるだけでお金が貰えるサービスの事前登録開始