2019/09/22 17:23:12

0

エンタメ

ベトナムの女性モデルがユネスコ世界文化遺産の遺跡で半裸映像を撮影し罰金刑





ユネスコ世界文化遺産に指定された、ベトナムのホイアン遺跡で、ベトナムの女性モデルが半裸で映像撮影し罰金刑を言い渡された。

女性は9月18日にベトナム中部ホイアン旧市街のコーヒーショップの建物の屋上にて、上半身を脱いでベトナムの伝統的な帽子で胸を隠し撮影。それをFacebookに投稿した。

この映像は24秒ほどのもので、ジーンズのボタンをはずし、上半身は何も着ず帽子で胸を隠した状態。Facebookのフォロワーは20万人を超えており、映像は瞬く間に拡散し、ユネスコ世界文化遺産に指定されたホイアンのイメージが損なうと非難を浴びた。

女性モデルは次の日に映像を削除し、「ホイアン市民の全ての方に謝罪する」とメッセージを伝えた。しかしホイアン市当局は女性モデルに対して罰金刑をを検討するという。


ソース



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"アメリカの戦闘機パイロットが目撃した謎の飛行物体を認める 「UFOじゃなくてUAPだ」
リュ・ソクチュン教授「慰安婦は売春婦であり日本政府に責任はない」発言 在校生と卒業生が罷免署名運動開始

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"アメリカの戦闘機パイロットが目撃した謎の飛行物体を認める 「UFOじゃなくてUAPだ」
リュ・ソクチュン教授「慰安婦は売春婦であり日本政府に責任はない」発言 在校生と卒業生が罷免署名運動開始