2019/09/22 20:36:16

0

政治・経済・社会

リュ・ソクチュン教授「慰安婦は売春婦であり日本政府に責任はない」発言 在校生と卒業生が罷免署名運動開始





韓国延世大学のリュ・ソクチュン教授が「慰安婦は売春婦であり日本政府に責任はない」と言う発言を受け批判が殺到している。

リュ・ソクチュン教授は日本植民地時代を語り慰安婦を「売春女性」とし、加害者は、日本(政府)ではない。慰安婦は売春の一種」と述べた。彼は続いて「慰安婦は日本の民間が主導し、日本は関わっていない」と付け加えた。

これに対して学生が「慰安婦被害者は自主的に行ったものではなく、強制連行されたではないか」と反発し、リュ教授は「生活が困窮している当時は売春の誘惑があった」と回答した。

実はこのリュ教授の発言が大問題となっており、延世大学の在校生と卒業生らがリュ教授を罷免(ひめん)署名運動を行っている。

罷免理由は「慰安婦被害のおばあさんたちに対する侮辱」としている。在校生と卒業生は22日午後に集まり「リュ・ソクチュン教授の即時罷免を要求」と声明を出し、延世大学は日本極右勢力の役割をするリュ・ソクチュン教授を直ちに罷免すと明らかにした。

彼らは「日帝と独裁に抵抗してきた誇らしい歴史を持つ母校で、リュ教授の妄言のような恥ずべきことが起きたことに対して、惨憺(さんたん)たる気持ちを抱かざるを得ない。延世大学がリュ教授に対する罷免決定を下すまで、学校内外で罷免要求署名運動、総長抗議訪問、校内ろうそく集会の開催などを続ける」と明らかにした。

延世大学総学生会も「リュ教授の発言を強く糾弾する。23日の定期中央運営委員会に今回の件の対応をする予定。リュ教授の発言による更なる被害事例の情報を受けている」と明らかにした。

関連:リュ・ソクチュン教授「慰安婦は売春婦であり日本政府に責任はない」発言 韓国政治家「処罰するために法改正が必要」

ソース



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"ベトナムの女性モデルがユネスコ世界文化遺産の遺跡で半裸映像を撮影し罰金刑
リュ・ソクチュン教授「慰安婦は売春婦であり日本政府に責任はない」発言 韓国政治家「処罰するために法改正が必要」

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"ベトナムの女性モデルがユネスコ世界文化遺産の遺跡で半裸映像を撮影し罰金刑
リュ・ソクチュン教授「慰安婦は売春婦であり日本政府に責任はない」発言 韓国政治家「処罰するために法改正が必要」