Onemix3Pro

【動画】来年発売が噂される『iPhone SE2』に続き再来年には『iPhone SE2 Plus』も? 中国勢に焦りか





2020年の春に発売されると噂されている『iPhone SE2』。これはA13チップ搭載で4.7インチディスプレイ、メモリ3GB、64GBのストレージ版で399ドルという低価格を実現するモデルとなっている。

iPhoneが高価で買えない人にとっては有り難いだろう。それだけでなく使いやすい4.7インチという大きさ。

しかし再来年の2021年には『iPhone SE2 Plue』が出るのでは無いかと海外メディアが報じている。そのメディアはアップルの製品を90%的中しておりかなりの信憑性がある。
そのメディアによると「『iPhone SE2 Plue』は5.5インチあるいは6.1インチ、FaceIDを廃止、電源ボタンにTouchID、フルスクリーンディスプレイを実現」としている。

それだけでなく『iPhone 13』と『iPhone SE2 Plus』はLightningポートが無くなりワイヤレス充電のみとなるとも書かれている。こちらは非現実的であまり信憑性がない。

また別メディアには「iPhone SE2ははiPhone9という名称になる」とも書かれており情報が錯綜しているようだ。

■中国勢に焦り

今になって低価格帯に力を入れるようになったアップルだが、中国勢にシェアを奪われ焦りを見せているようだ。実際に2019年Q1ではサムスン、HUAWEIに続いてアップルは3位だ。4位にシャオミ、5位にvivo、6位OPPOと中国勢だらけでいつシャオミやvivoが追いついてくるかもわからない(実際には2018年の時点でアップルは3位に)。

そうなる前に低価格帯モデルも投入しようというわけだ。同時に近い内に『iPhone 11』といったフラグシップモデルも値下げするとみて良いだろう。

今のままでは高すぎてアップル離れが加速していくばかりだ。

ソース
ソース2

記者のTwitterアカウント


コメントする(匿名可)



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"松本人志「お笑いの子は選ばないで欲しい 流行語大賞に肩触られたら終わり」
中国政府「外国産PCを3年以内に無くせ」という“3-5-2作戦”を行う

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"松本人志「お笑いの子は選ばないで欲しい 流行語大賞に肩触られたら終わり」
中国政府「外国産PCを3年以内に無くせ」という“3-5-2作戦”を行う