Onemix3Pro

アップル『iPhone SE2』を『iPhone 9』として販売する見通しが強まる



iPhone9

今春に発売が噂される『iPhone SE2』。A13 Bionicに4.7インチディスプレイ、ホームボタンの復活など見た目は『iPhone 8』のような形状になると言われていた。

また名称も『iPhone SE2』ではなく『iPhone 9』になる可能性もと一部でささやかれていたが、『iPhone 9』になる可能性が濃厚だ。

『iPhone』これまでナンバリングしてきたが、『iPhone 9』が抜けている(正確には2も無い)。
それ以外は3、4、5、6、7、8、X、11とsやRシリーズも含めて発売してきている。
その穴を埋めるのが『iPhone 9』だという。

そもそも『iPhone SE2』だとされてきた物は『iPhone 8』をパワーアップさせたもので、元々『iPhone SE』として作られていたものではないようだ。

『iPhone 9』は399ドルで発売予定で、ストレージも64GBと128GBを用意。3DTouchも廃止しカメラはシングルとなっている。

ただA13 Bionicが搭載されているので処理だけはずば抜けて優れている機種になる。

また2021年には『iPhone SE2 Plus』または『iPhone 9 Plus』を発売するという噂もある。

ソース

記者のTwitterアカウント


コメントする(匿名可)



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"Ankerが水拭きも可能なハイブリッドロボット掃除機を2万円台で販売開始
AKG 本格的なレコーディングが可能なマイク『Lyra-Y3』を発売

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"Ankerが水拭きも可能なハイブリッドロボット掃除機を2万円台で販売開始
AKG 本格的なレコーディングが可能なマイク『Lyra-Y3』を発売