【Anker】リモートワークに最適! 優れた音声品質と利便性が魅力の『Anker PowerConf』を販売開始



Anker PowerConf

⾳声品質に優れたAnker 初の会議⽤Bluetooth スピーカーフォン『Anker PowerConf』を2020年2⽉28⽇に販売開始。⼀度の満充電で最⼤24 時間の連続使⽤ができる他、モバイルバッテリー機能を搭載。

コンパクトながら、本製品1台でオンラインでの遠隔会議はもちろん、リモートワーク等の新しい働き⽅もサポートする。

個⼈のライフスタイルに合わせた新しい働き⽅の広がりに着⽬し、【コミュニケーションをよりスマートに】をコンセプトとして開発された本製品は、コンパクトながらスピーカーフォンに求められる機能を網羅的に備えている点が魅⼒。6つの全指向性マイクを360°に配置することで全⽅位から漏れなく集⾳するだけでなく、オートゲインコントロールにより声の⼤きさやスピーカーフォンまでの距離によらず、均⼀かつ最適な⾳量で⾳声を届けることができる。さらにエコーキャンセリングや残響抑制、ノイズリダクション機能によって、よりクリアな通話を実現。

⾳声品質に加えAnkerらしい利便性も追求しており、最⼤24 時間の連続使⽤が可能な他、背⾯にはPowerIQ を搭載したUSB-A ポートを備えているためモバイルバッテリーとしても活⽤可能だ。
トラベルポーチ付きで持ち運びにも便利な本製品は、出張やリモートワークをフルサポートしてくれるイチ押しのアイテム。

税込:1万2980円
※Amazon初回セール情報:200個限定3,000円OFF(税込12,980円→税込9,980円)

製品の特徴
– 全指向性マイク搭載︓6 つの全指向性マイクを360°に配置することにより、全⽅向から声を漏れなく集めます。8⼈程度までの会議に最適です。
– オートゲインコントロール︓声の⼤きさやAnker PowerConf までの距離に関係なく⾳量を最適化します。相⼿側に均⼀な⾳量で声を届け、ストレスのないオンライン会議をサポートします。
– 優れた⾳声処理機能︓エコーキャンセリングや残響抑制、ノイズリダクション機能を採⽤しており、クリアな通話を実現しました。
– ⼤容量バッテリー搭載︓6700mAh のバッテリーを搭載し、⼀度の満充電で最⼤24 時間の連続使⽤が可能です。またAnker 独⾃技術のPowerIQ を搭載し、スマートフォン等の機器を充電することができます。
– 簡単セットアップと⾼い利便性︓Bluetooth によるワイヤレス接続と付属のUSB-C & USB-A ケーブルでの有線接続に対応しており、複雑な初期設定をすることなく簡単に使⽤することができます。オンライン会議ツールをご使⽤の際もご利⽤いただけます。


Anker PowerConf

Anker PowerConf

記者のTwitterアカウント


コメントする(匿名可)



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"JT プルーム・テック・プラスよりマスカットフレーバーを4月2日より発売
「日本でPCR検査を出来ないのは感染研がデータ欲しくてブロックしているから」 岡田晴恵教授が番組中に暴露

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"JT プルーム・テック・プラスよりマスカットフレーバーを4月2日より発売
「日本でPCR検査を出来ないのは感染研がデータ欲しくてブロックしているから」 岡田晴恵教授が番組中に暴露