2020/03/19 08:32:55

0

エンタメ

マンモス60匹の骨が一気に見つかる 2万5000年前の旧石器時代の家?



マンモスの骨

氷河期前、人類がマンモスなどの骨で作った最も古い円形構造物が発見された。
 
イギリスのエクセタートデなどの国際研究チームは、ロシアのコーステンキー遺跡で、2014年マンモス骨製の円形の構造物を発見し、翌年から3年間の発掘調査に入った。約2万5000年前作られたこの構造物では、巨大な60匹分のマンモスの骨をはじめ、トナカイと馬、熊、オオカミ、赤キツネ北極キツネの骨も多数出てきた。

いわゆる「ボーンサークル(bone circle)」と呼ばれるこのような構造は、旧石器時代に人が寒さを避けるために作られたもので、一種の家と思われる。これまで、ロシア西部の平原だけでなく、ウクライナで70個程度発見されたが、ここはその中で最も古い場所で、サイズも幅12.5メートルと最大とされる。

モスクワから南に約520㎞の距離にあるこの遺跡では、1960~1970年代にも似たような構造物が発掘されて遺跡には、コテンスキー11という名前が付けられた。


マンモスの骨

ソース

記者のTwitterアカウント


コメントする(匿名可)



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"イタリア 新型コロナウィルスの死者が多すぎて新聞の訃報欄だけで10面使う羽目に
中国の新型コロナウィルス新規の患者が3日連続0人 これは嘘だと中国の医師が暴露

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"イタリア 新型コロナウィルスの死者が多すぎて新聞の訃報欄だけで10面使う羽目に
中国の新型コロナウィルス新規の患者が3日連続0人 これは嘘だと中国の医師が暴露