AVerMedia 4K録画対応のハイエンド外付けゲームキャプチャーLive Gamer BOLT『GC555』を発表



GC555

キャプチャー製品で有名なAVerMedia(アバーメディア・テクノロジーズ株式会社)は、4K HDR録画に対応したゲーマー向け録画・ライブ配信用キャプチャーデバイス「Live Gamer BOLT(型番:GC555)」を2020年5月15日より順次、国内の家電量販店やPC販売店、オンラインショッピングサイトなどで販売を開始する。

『GC555』はアバーメディア・ゲームキャプチャーシリーズの外付け最上位モデルとして、4K HDR 60pの録画に対応した高機能モデルです。いままで4K HDR 60pの高画質録画を行いたいと思った場合には、PCIe接続のカードタイプしか選択肢がなかった。これは、4K HDR 60pの膨大なデータ量を転送するためのインターフェイスがボトルネックとなっていたからだ。アバーメディアでは、Thunderbolt 3を採用することで、この膨大なデータを低遅延で転送することを可能にし、外付けキャプチャーの手軽さを維持したまま、4K HDR 60pの高画質録画を実現。さらに、1080p 240fpsの高フレームレートに対応し最新のゲーミング環境でもプレイ画面の録画を実現。

また、『GC555』にはアバーメディア製録画ライブ配信用ソフトウェア『RECentral』はもちろん、大人気の動画編集ソフトウェア、CyberLink社製『PowerDirector 15 for AVerMedia』のライセンスキーコードが付属。録画した動画の余分な部分のカットや、演出効果の追加などで、綺麗な映像に仕上げ、みなさんだけのオリジナルコンテンツ作成がさらに便利になったぞ。

製品概要

製品名:Live Gamer BOLT
型番:GC555
JANコード:4710710679859
発売日:2020年5月14日
定価:OPEN 店頭想定価格(税別)45,400円前後
製品情報URL:https://www.avermedia.co.jp/jp/product-detail/GC555
製造元:AVerMedia TECHNOLOGIES

<製品特徴>
・4Kp60 HDR録画対応
・高フレームレート対応
・Thunderbolt 3接続による超低遅延
・録画・ライブ配信画面のカスタマイズも可能な専用ソフトウェア『RECentral』付属(ダウンロード)
・CyberLink社製『PowerDirector 15 for AVerMedia』付属(ダウンロード)

<製品仕様>
製品名:Live Gamer BOLT
型番:GC555
接続インターフェイス:Thunderbolt 3端子
入力端子:HDMI 2.0
出力端子(パススルー):HDMI 2.0
LPCM 5.1ch/7.1ch パススルー:対応
最大入出力解像度:3840×2160 60fps (4K) HDR または
2560×1440 144fps または 1920×1080 240fps
最大録画解像度:3840×2160 60fps (4K) HDR ※1
2560×1440 144fps / 1920×1080 240fps
対応解像度:3840×2160, 2560×1440, 1920×1080,
1280×720, 1024×576, 720×480
エンコード方式:ソフトウェアエンコード
録画形式:MPEG4 (H.264+AAC) または (H.265+AAC)※1


GC555

GC555 接続例

記者のTwitterアカウント



コメントする(匿名可)



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"韓国の慰安婦像 とうとう新型コロナウィルス感染対策でマスクをしてしまう
感染者0人だった中国 武漢を開放した途端に新規感染者が発覚

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"韓国の慰安婦像 とうとう新型コロナウィルス感染対策でマスクをしてしまう
感染者0人だった中国 武漢を開放した途端に新規感染者が発覚