位置情報ゲーム『テクテクテクテク』が『テクテクライフ』に生まれ変わって登場!


FANZA 在宅応援の10円セール開催中第2弾は22日~29日まで


テクテクライフ

ドワンゴが2018年11月29日に開始した位置情報ゲーム『テクテクテクテク』。これはiOSとAndroidにて提供され、中村光一氏と麻野一哉氏が開発に携わっていた。

中村光一氏と言えば『ドアドア』の制作を始め、『かまいたちの夜』などのサウンドノベルを生み出したゲームクリエイター。チュンソフトの代表でもある。チュンソフトのチュンは中村光一の「中」から取った社名だ。

『テクテクテクテク』は2019年6月17日にサービスが終了してしまったが、サービス終了直前の2019年6月12日に作り直すことを宣言していた。

そしてついに『テクテクテクテク』が生まれ変わって登場。その名も『テクテクライフ』だ。以前の『テクテクテクテク』と同じ物ではないようだ。『テクテクテクテク』は世界を広げ現実の地図を塗りながらモンスターと戦うゲームだったのに対して「地図をぬる」ことに特化したゲームになっているという。

またクローズドβテストも行われるようで、2020年7月15日(水)午後~2020年7月26日(日)の期間に実施を予定している。募集人数は1000人程。

正式リリースは2020年内を予定しているとのこと。


テクテクライフ


コメントする(匿名可)




誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"香川県の高校生がゲーム依存症対策条例が憲法違反だと同県に対して国家賠償請求 費用500万円も集まる
小池百合子会見「増加比で158.4%、この状況が4週間続けば6倍に膨れあがる」

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"香川県の高校生がゲーム依存症対策条例が憲法違反だと同県に対して国家賠償請求 費用500万円も集まる
小池百合子会見「増加比で158.4%、この状況が4週間続けば6倍に膨れあがる」