2020/09/23 23:47:16

0

エンタメ

目玉まで刺青を入れた全身刺青の小学校教師が問題に 去年は幼稚園で保護者からの抗議で辞める羽目に


刺青


フランスで全身に刺青を入れた35歳の小学校教師の男性が問題となっている。教師はワンポイントや腕だけに刺青を入れたのでは無く、全身さらには目の白目部分にまで刺青を入れてしまった。これに対して「教員として正しくない」「個人の自由なので尊重すべき」と意見が対立している。

シルヴァンという名前の教師はパリの南側にあるパレゾーという街の小学校に勤務している。彼はフリーキー・フーディーというペンネームで刺青マニアの間で活動しておりかなりの有名人だという。

シルヴァンは27歳のときに初めてタトゥーを刻んで以来、少しずつ刺青を増やした。腕、脚、背中、お尻、顔、首をはじめ、刺青がない体の部分がない。性器にも世界中の刺青を刻んだという。特に、最近は眼球の白身まで黒色の刺青を刻んだ。今までの刺青を刻むためにかけたお金5万ユーロ(約6800万円)である。ここ最近はお金が掛かりすぎるため2ヶ月に1度のみ刺青を入れにいかなくなったという。

シルヴァンが働く小学校の保護者の中には「教師としての役割をうまく果たせばいいだけで、何の問題があるのか」という人もいれば、「子供たちに嫌悪感を与えるため、教壇から追い出さなければならない」と主張する人もいるという。 とある保護者は「最初はハロウィンのために扮装だと思っていたが、普段の姿だということを知ってびっくりした。教育当局があんな人をそのままにするというのはおかしい」と語った。

しかしフランス教育省の規定には、教師に刺青に関する遵守事項がない。服装や容姿と関連しては、特定の宗教を明らかにしてはならないという規定があるだけだ。シルヴァンはメディアのインタビューで「私の体に私が刺青があることは関係ない。他の人を邪魔していないと思う」と話した。 ただ「昨年、幼稚園で教師として勤務する際、保護者らの抗議を受け、辞めた後は、幼稚園では勤務しないことにした」と明らかにした。

これ以上刺青を彫る場所が無くなったシルヴァンは上塗りのみ可能となっている。

刺青

刺青

刺青

ソース

記者のTwitterアカウント



コメントする(匿名可)



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"PlayStation5の後方互換について公式発表 「互換動作に対応したPS4のゲームであればPS5でそのままプレイ可能」
HUAWEIのスマートウォッチ 生理周期をトラッキングする機能搭載!

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"PlayStation5の後方互換について公式発表 「互換動作に対応したPS4のゲームであればPS5でそのままプレイ可能」
HUAWEIのスマートウォッチ 生理周期をトラッキングする機能搭載!