PlayStation5の後方互換について公式発表 「互換動作に対応したPS4のゲームであればPS5でそのままプレイ可能」



PS5互換について

11月12日に発売されるSIEの最新ゲームハード、『PlayStation5』。通常版は4万9980円、デジタルエディションは3万9980円と性能からしたらかなり頑張った値段での発売となる。

それだけでなく『PlayStation4』のタイトルが99%動作することもSIEは発表。正確にはSIEのジム・ライアンCEOが「PS4向けのゲームタイトルをテストした結果、うち99%はPS5でも遊べるはず」とコメントしたのが切っ掛けで下位互換があると話題になった。

そんな中、Twitter上でとある人がサポートに問い合わせた質問のやり取りを公開し、「そのままではPlayStation4を遊べない」と解釈し、「ソニーサポートセンター『PS5にPS4のDisc入れても動きません。』…よく分かりませんが、PS4Proは売らずに持っておきます!」と投稿。

質問者の回答にサポートは「PS4タイトルをPS5向けダウンロード版にアップグレード出来る場合がございます」と回答していたが、質問者は「PS5ではPS4ディスクソフトのみではプレイできない」と解釈したようだ。
ただ質問主とサポートとのやりとりとの間に多少誤解も生じ、このような回答が来たのかもしれない。

・後方互換について公式発表

ここにきてSIEが後方互換について公式発表を行った。そのTwitterに投稿された公式発表には「PS5の互換動作に対応したPS4のゲームであれば、ディスク版でもデジタル版でもPS5でそのままプレイ可能です。PS4のゲームをディスクでプレイする場合は、ディスクドライブ搭載モデルをお選び下さい。以上PS5の互換性に関する窓口対応について不足がございましたので補足してお詫び申し上げます」としたもの。

やはりサポートの回答が不足、いわゆる一部間違っていたことによる今回の公式発表。アップグレードされるものもあるが基本的に後方互換機能により『PlayStation4』のディスクを入れれば『PlayStation5』でそのまま遊べるようだ。

関連:『PlayStation5』は『PlayStation4』のディスクを入れても動作しない? Twitterにそんな噂が浮上

サポートに質問

サポートに質問

サポートに質問

電話で質問


ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"『PlayStation5』は『PlayStation4』のディスクを入れても動作しない? Twitterにそんな噂が浮上
目玉まで刺青を入れた全身刺青の小学校教師が問題に 去年は幼稚園で保護者からの抗議で辞める羽目に

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"『PlayStation5』は『PlayStation4』のディスクを入れても動作しない? Twitterにそんな噂が浮上
目玉まで刺青を入れた全身刺青の小学校教師が問題に 去年は幼稚園で保護者からの抗議で辞める羽目に
//valuecommerce //popin //popin amp