2020/10/09 12:50:26

1

エンタメ

借金の担保として妻を預けた夫 → 美人妻「こっちの方が居心地良いわバイバイ」



借金の担保に妻を預ける

お金を借りるとき、担保としてお金になるものを預けるのが一般的でだが、アフリカ南部ジンバブエにて、夫が妻を担保として預けるという信じられないニュースが伝えられた。

最近、ジンバブエ・マニカランド州にある村「ジモンヤ」で、住民のアンソニー·カバンダは義理の兄弟である兄ダニエル・マシコッティからお金を借りていた。生活苦に陥り、食費や子どもの学費などが必要になった。

ところが、カバンダはお金を借りる際、先に兄に妻のタパズとマトゥーラを担保にすると申し出たというのだ。マシコッティはマトゥーラの姉と結婚したが、数年前の事故で死別し一人暮らしをしていた。

このため、マトゥーラは昼間は子供たちの面倒を見て寝る夜10時から兄の家に行き、その翌日の明け方4時ごろ家に帰ってきた。ところが、このことがカバンダの禍の元となってしまった。カバンダは兄に借りたお金をすべて返したが、妻が自分の所に戻ることを拒否したというのだ。どうも妻は夫より兄と一緒にいる時間の方が良かったようだ。

借金を担保に妻を預けるような夫よりも、義理の兄の方が相当居心地良かったのだろう。

妻は現地メディアとのインタビューで兄の肩に頭を置き、恋人のように「恋に落ちちゃった。これから一生一緒に暮らしたい」と打ち明けた。妻はそれとなく「夫はベッドで1分も持たない人だから」と暴露した。

この事実を知ったカバンダは怒りを露にした。彼はその後も兄から牛を一頭借りたが、返すという目標も立てられず村の代表を訪ね、妻を取り戻してほしいと訴えた。

夫は妻の心が変わったことについて「彼が黒魔術と呪術で妻を誘惑した! 妻を取り戻すために死ぬまで戦う」と宣言したという。


借金の担保に妻を預ける

ソース

記者のTwitterアカウント



コメントする(匿名可)



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"韓国ノーベル財団とはなに? 実態を探ってみたらヤバい反日活動団体だった
妊娠9ヶ月の臨月の女性を警察が膝で押し付けて制圧し問題に

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「借金の担保として妻を預けた夫 → 美人妻「こっちの方が居心地良いわバイバイ」」への1件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    自分のムスコの方を黒魔術と呪術で強化すべきだと思う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"韓国ノーベル財団とはなに? 実態を探ってみたらヤバい反日活動団体だった
妊娠9ヶ月の臨月の女性を警察が膝で押し付けて制圧し問題に