2020/11/10 10:43:49

0

エンタメ

中国のイカ漁船が中南米にまで進出しガラパゴスアルやアルゼンチンが領海侵害される AISをオフにするなど手口は悪質



ガラパゴス

中国のイカ漁船が南米(中南米)にまで進出しイカを違法に捕獲しているという。地球の反対側まで行き違法なイカを取り続けている中国の漁船。

排他的経済水域で捕獲を続けているが、いくつかの漁船はレーダーに映らないように位置追跡装置の電源をオフにし、ガラパゴス領海を侵略していた。中国船舶はAISと呼ばれる船舶自動識別装置を切り、領海に入り衛星からの検出と追跡を避けているという。関係者は「ガラパゴス領海でAIS情報と一致しない無線周波数を多数確認した。明らかに疑わしい」と語る。これは違法な捕獲だという。

ガラパゴスで操業を終えた中国のイカ漁船300隻は現在、ペルーを通過して、チリに南下している。ペルー海軍は警備艇を配置して、外国漁船400隻を監視しており、チリ政府も国防部と海軍が一緒に数百隻の船団を注視している。

南米諸国はすでに何年も、中国のこのような独占操業に苦しんでいる。中国の漁船団の規模があまりにも大きく、現地の漁師たちの生計に大きな打撃を与えている。チリの漁師は「中国の船舶がどれほど群れをなして来るのか。まるで『海上に浮かんでいる都市』のようだ」と語った。

今年サンマは捕れないのは中国や韓国が日本より先に乱獲しているせいだという意見もある。実際に中国や韓国はあぶらの乗った育ちきったサンマよりも、サッパリしたサンマを好む。
そのため日本よりも先に捕獲してすることが可能で、また捕獲船舶とそれを運ぶ船舶でリレー形式で別れている。
それだけでなく水温のせいもあり更にサンマの捕獲量は減少している。



プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"中国のゲーム会社が新作をリリースするも8日でサービス終了 「韓国は中国のもの」論争が原因
10年間、2人の娘に壮絶な性暴行と性的拷問をした夫婦 母親には懲役723年が宣告され28世紀末に出所予定

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"中国のゲーム会社が新作をリリースするも8日でサービス終了 「韓国は中国のもの」論争が原因
10年間、2人の娘に壮絶な性暴行と性的拷問をした夫婦 母親には懲役723年が宣告され28世紀末に出所予定
//valuecommerce //popin //popin amp