2020/11/12 13:49:47

0

エンタメ

K-POPがまたもアメリカでRIAAダイアモンド認定の新記録 しかし盗作だった?



ベビーシャーク

韓国の曲がまたもアメリカで1000万以上販売されたシングルとしてダイヤモンド認定された。童謡がダイヤモンド認定受けたのは世界初で、韓国全体の音楽の中でも最初の記録だ。

記録を取った曲は『Baby Shark』という曲で『サメのかぞく』として日本語版も作られている。YouTubeチャンネルでは「Pinkfong! Kids’ Songs & Stories」に公開されており、可愛らしいアニメーションと子供が歌う曲が人気を博している。
アメリカレコード協会(RIAA)は公式に認定を行ったことを12日に明らかにし、「5日に『Baby Shark』がダイヤモンドデジタルシングル認定を受けた」と発表。

ウェブサイトにはプラチナと表示されているが、RIAA認定は50万枚のゴールド、100万枚のプラチナ、200万枚のマルチプラチナ、そして1000万枚のダイアモンドの4つがある。この内ダイアモンドに認定されている。オーディオや映像ストリーミングの場合は150再生を1件として計算。

・実は盗作だった?

実はこの童謡は盗作だったのはご存じだろうか。韓国のピンフォン社がYouTubeで配信したのを切っ掛けに知った人も多いだろうが、元々の作曲家ジョニー・オンリーという方。ピンフォン社はこの人に許可を得てアレンジしたわけでなく、無許可でアレンジしてYouTubeで配信。これにより2018年には著作権侵害訴訟を起こされている。

つまり原曲を作曲したジョニー・オンリーがRIAAから認定されるべきなんだろうが、実際に再生されたのはアレンジされた方。

下記に原曲の『Baby Shark』との比較動画を掲載したので聞き比べてほしい。


プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"小林麻耶が『グッとラック!』を降板させられる 事務所もクビに
『PlayStation5』の発売日なのに全く盛り上がらず ロンチにキラータイトルが無いのが痛手 不具合報告も

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"小林麻耶が『グッとラック!』を降板させられる 事務所もクビに
『PlayStation5』の発売日なのに全く盛り上がらず ロンチにキラータイトルが無いのが痛手 不具合報告も
//valuecommerce //popin //popin amp